15.11.20紅葉を求めて茨城に遠征

 昨日は紅葉鑑賞に花貫渓谷、袋田の滝、竜神峡の三か所を訪れる。地元の人によると今年の紅葉は例年に比べ異常気象のためイマイチとのこと。

【花貫渓谷】・・・花貫渓谷は険しいV字谷が形成されている。花貫ダム周辺は傾斜のキツイ断崖だ。ここは尾根と谷間では気象条件に微妙な変化が見られ、暖帯林と温帯林が混じって見られる貴重な場所となっている。「花貫暖帯温帯混交自然林」として高萩市の天然記念物に指定されている。渓谷沿い土産物店でアユの塩焼きを売っている。1尾450円なり。
花貫渓谷1

花貫渓谷2

花貫渓谷3

花貫渓谷4

花貫渓谷5

    
【袋田の滝】・・・日本三大名瀑の一つであり、高さ120m、幅73m、4段で落下するため別名「四度の滝」と呼ばれている。滝の第一展望台に行くにはトンネルを200m以上歩く必要がある。また、第2観瀑台にはさらにトンネルを進みエレベーターに乗る必要がある。トンネルとエレベーターの費用は310円也。春は新緑、夏は水温がこだまし、秋は紅葉、冬は氷結、と四季折々の風雅があるという。さすがに見応えがあった。
袋田の滝1

袋田の滝2

袋田の滝3

袋田の滝4

袋田の滝5

【竜神峡】・・・日本最大級の歩行者用吊橋375mの長さを誇る「竜神大吊橋」がある。春は橋の上から約千匹の鯉のぼりをつるし春風に群泳させ、秋は峡谷に広がる紅葉をめでるという。橋の中央に約100m下の湖面に向かいバンジージャンプができるようになっている。代金は15,000円也。ジャンプするには勇気も必要だが、お金も必要。橋を渡るには310円の通行料を払う必要がある。橋を渡ってみると何もなく行き止まり。地元民が生活に使用しているわけでなく、全く観光用の橋。どうしてこんなものを作ったのか理解に苦しむ。
竜神峡1

竜神峡2

竜神峡3

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Whitedevil

Author:Whitedevil
FC2ブログへようこそ!
2011年秋に完全リタイアー。現在は毎日が日曜日の素浪人。そして地球の何処かを徘徊中。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる