16.08.28-29出羽三山紀行

 30日に東北地方に観測史上初という台風10号が上陸する。間一髪というところで29日に東北地方の出羽三山から帰宅した。そもそも出羽三山とは月山、羽黒山、湯殿山の三山の総称。登ってみると今も多くの修験者に出会う。修験道を中心とした山岳信仰の場でもある。
 三山それぞれの山頂に神社がある。宗教法人としての名称は「月山神社出羽神社湯殿山神社(出羽三山神社)」である。三山のうち、羽黒山には3社の神を併せて祀る三神合祭殿と、宗教法人の社務所がある。三社とも神仏混合の宗教施設でもある。

【羽黒山出羽神社】・・・一山を寂光寺と称して天台宗の寺院(輪王寺の末寺)であった。羽黒山全山は、江戸期には山の至る所に寺院や宿坊が存在した。羽黒山に羽黒山五重塔(国宝)が、鳥居前に手向宿坊街が残っているのはその名残。
 羽黒山の「随神門」は邪悪なものが神域に侵入するのを防ぐ門とのこと。ここから先は神域となる。そして奈落の底へ落ちる「継子坂」がある。そこを過ぎて「神橋」を渡る。この橋の下は三途の川を意味する禊川、ここで禊をして山頂を目指した。

国宝の五重塔 彩色を施していないので非常にシンプル。また、深山幽谷によくマッチしている
五重塔2

随神門、これより神域 不浄なものは入れない
随神門

神橋の下は禊川が流れる
禊川

山頂まで巨木の杉並木がある。中には樹齢千年のものも
杉並木


 羽黒山の山頂付近には「三社合祭殿」があり、月山、羽黒山、湯殿山の三社を祠る。茅葺の木造の建築物としては日本最大の厚み2.1mとのこと。そもそも月山や湯殿山は冬季ら雪に覆われるため一か所に合祀し済ますためだそうだ。チョット安直な感じ。

出羽三山神社三神合祭殿の茅葺屋根
 三神合祭殿

右から羽黒山、月山、湯殿山が祀られており、右から参拝するそうだ
三神合祭殿2

出羽三山の案内図
案内図

羽黒山から月山を望む
月山を望む

羽黒山から光る日本海が望める 
日本海を望む


【月山神社】・・・本地仏を阿弥陀如来とし、岩根沢に天台宗日月寺という別当寺がある。山としては出羽丘陵の南部に位置する標高1,984mの火山。山域は磐梯朝日国立公園の特別区域に指定され、日本百名山、新日本百名山、花の百名山及び新・花の百名山に選定されている。

月山案内図
月山案内図

月山八合目
八合目

月山頂上を望む
月山頂上

至る所に湿原がある
湿原

路傍に咲いているリンドウ
リンドウ


【湯殿山】・・・月山南西山腹にある山。標高1,500m。古来より山岳信仰の対象とされており、同山の薬師岳の北の中腹の川沿いにある湯殿山神社は、五穀豊穣や家内安全の御神徳があるとされている。この神社は、社殿も拝殿もないという点が大きな特徴である。なお、湯殿山神社の御神体は、温泉水が湧出する場所にある茶褐色の巨岩で、この巨岩には、温泉水の影響により生じた水酸化鉄がウロコ状の塊となって付着している。御神体であるこの巨岩は、「三山奥ノ院」とされる。岩の写真を撮ろうとしたところ御神体であり写真はNGであった。また、湯殿山神社とその周辺の詳細については、「語るなかれ、聞くなかれ」とされており、松尾芭蕉も「おくのほそ道」における湯殿山の部分については、「総じてこの山中の微細、行者の法式として他言することを禁ず。よって筆をとどめてしるさず」と記し、「語られぬ湯殿にぬらす袂かな 」と句を詠むのみにとどめている。
 湯殿山に参拝するには裸足になり、岩から湧き出る温泉に足をつけながら参拝する。そして参拝後は神社のサービスか、足湯の設備がありゆっくりと過ごす。誠に「ゴクラク、ゴクラク」という感じ。写真を撮れないのが唯一の欠点。


湯殿山の鳥居 ここから神域となる
湯殿山鳥居

至る所に温泉が湧きだし流れている
温泉の流れ

麓の雰囲気はまがまがしさがある
湯殿山麓

ミイラとなった即身仏で本物ではなく作り物が展示されている
即身仏

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Whitedevil

Author:Whitedevil
FC2ブログへようこそ!
2011年秋に完全リタイアー。現在は毎日が日曜日の素浪人。そして地球の何処かを徘徊中。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる