16.08.09東海道・藤沢宿

 今日はNPO法人鎌倉ガイド協会の佐藤さんのレクチャーを受けながら、藤沢宿を巡る。藤沢は東海道の宿場町であり、ここから大山街道や江の島道に分岐する重要な街道であった。江戸の日本橋からちょうど約50kmの位置にあり、普通の人の足なら手前(江戸より)の戸塚の宿で一泊したそうだ。その後は平塚の宿。しかし、必ずしも野暮な「お江戸日本橋七つ立ち」ではなく、品川あたりでドンチャン騒ぎの後に出発となった人も多かったそうだ。

 杉山検校が江の島弁財天を深く信仰し、江の島神社に参詣する人のために藤沢宿から江の島までの道案内に道標を寄進。道標は道の分岐点を表示するためのもので、彫りが深く盲人への配慮がうかがわれる。48基建てらえたが、14基が現存し、そのうち12基が藤沢市の重要文化財となっている。道路上にある広重の東海道五十三次図(藤沢宿)をよく見ると右下には江の島詣でと思われる盲人が描かれている。

広重の東海道五十三次 藤沢宿図
広重

 道中には庚申堂がある。創立年代は不詳、現在の堂は大正9年(1920)に建てられた。中には江戸時代前期の作といわれる青面金剛立像が祀られている。60年に一度開帳されるので、次回は24年後の2040年だ。

庚申堂
庚申堂1

庚申堂2

庚申堂3


 宿場町であった藤沢は遊行寺の門前町でもあった。歩道には街道の分岐点であることや門前町でもあることがわかる。また、当時は裕福な商人の家の蔵の様子が偲ばれる。

歩道には分岐点であることを示す表示がある
歩道の上

蔵があり以前は豊かであったと思われる商家 今はギャラリーとして使用されている
商家


 遊行寺は宗祖一遍上人が遊行の僧であったために俗称「遊行寺」で親しまれている。正式には清浄光寺という。開山は呑海。本尊は阿弥陀如来とのこと。惣門の冠木門は小さな屋根がつけられ黒く塗られている。天下の三黒門の一つだそうだ。惣門の手前には「榜示」の石碑がある。これはここから寺領であり、一種の治外法権であることを示している。惣門から山門跡までの石畳の坂道は阿弥陀の四十八願に因み「いろは坂」と言われているそうだ。惣門をくぐった左側にある塔頭真徳寺には国定忠治の子分の板割朝太郎の墓があり、笑ってしまった。

清浄光寺の惣門
惣門

惣門のそばにある「榜示」の石碑
「榜示」の石碑

いろは坂
いろは坂

本尊の阿弥陀如来像
阿弥陀如来像

板割朝太郎の墓
板割朝太郎


 遊行寺には福貴長寿の神として信仰されている宇賀神か祀られている。これは鎌倉の銭洗弁天として有名な宇賀神社と同じく湧水でお金を洗うとお金が増えるという言い伝えがある。

遊行寺にある宇賀神神社
宇賀神神社

銭洗弁天を小さくしたような弁天様 ここで鎌倉の銭洗い弁天と同じくお金を洗う
弁天像


 江戸時代に諸大名、公家、幕府の重臣などの宿泊施設である蒔田本陣があった。しかし今は道路整備でなくなったのか跡形もない。一方、将軍が泊まるところは藤沢御殿と言われ家康から三代続いて利用されたそうだ。ここは当然、外堀がある豪壮なものだったようだ。しかしここも跡形もなく、今は公民館が立っており標識のみである。

藤沢御殿の説明書
藤沢御殿

藤沢御殿の見取り図
御殿の配置図


  妙善寺は東海道から少し入ったところにある。日蓮聖人が龍ノ口の法難の翌日、佐渡へ向かう途中に当寺に立ち寄り法華経を唱えた。当初は真言宗の寺であったが、日蓮宗に改宗した。ここには本陣職を務めた蒔田家の墓があった。

妙善寺
妙善寺

蒔田家の説明書
蒔田家


 英勝寺も東海道から少しは行ったところにある。境内には東坂戸町で飯盛旅籠を営んでいた「小松屋」の墓がある。ここに働いていた飯盛女(私娼)の小さな墓碑39基が建立されている。墓石には彼女たちの名と施主小松屋源蔵の名が刻まれている。当時、手厚く供養してもらえた飯盛女は少なく、死んでも無縁仏として処理されるのが普通だった。なお、文政三年(1820)頃、藤沢宿には飯盛旅籠が22軒あり飯盛女は100人近くいたという。

英勝寺山門
英勝寺

飯盛女の墓
飯盛り女の墓

英勝寺飯盛女の説明書
説明書


 藤沢市が2014年に制定した「街並み百年条例」に基づきいろいろ手を加えて歴史を共有財産として次世代に引き継ごうとしている。素晴らしいことだ。そのために市の施設として「ふじさわ宿交流館」があり、当時を再現した100分の1のジオラマなどあり、非常にためになった。

「ふじさわ宿交流館」の建物
ふじさわ宿交流館

「ふじさわ宿交流館」内にあるジオラマ
ジオラマ

街角にはいたるところ「藤沢宿」が目につく
街角


 今日の関東地方は40度近くまで気温が上がり今年一番の暑さとなった。日中トボトボ歩きながら、いろんな所を巡ったが、本当に暑かった。鎌倉ガイド協会の佐藤さんに感謝。




コメントの投稿

非公開コメント

No title

暑い中、お疲れ様でした。お陰で藤沢宿の様子が少しは分かりました。
プロフィール

Whitedevil

Author:Whitedevil
FC2ブログへようこそ!
2011年秋に完全リタイアー。現在は毎日が日曜日の素浪人。そして地球の何処かを徘徊中。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる