16.05北米大陸横断旅行 3

【ヒューストン~レイクチャールズ250km】・・・テキサス州から州境のサビーン川を渡りルイジアナ州へ移動。ルイジアナ州はいわゆる「ディープサウス」だ。やはり、ワーカーはヒスパニック系やアジア系から黒人が目立つようになる。風景も砂漠から湿潤な湖沼地帯となる。特産品は綿花とザリガニだそうだ。州の鳥は湖沼地帯に棲むペリカン。

レイクチャールズの付近は湿潤な湖沼地帯だ ペリカンが多く棲んでいるそうだ 国鳥の白頭鷲の巣も見かけた
湿地帯バイユ

ホテルから眺めたレイクチャールズ アメリカで一番大きいミシシッピ川は物流の大動脈だ
ホテルから見たレイクチャールズ


【レイクチャールズ~ニューオリンズ400km】・・・ニューオリンズに行く途中にオークアレーのプランテーションに立ち寄る。ここは奴隷を使った大規模農園だ。場所は異なるがマーガレット・ミッチャムの「風と共に去りぬ」を彷彿とさせる。いわゆるアメリカ南部の白人貴族社会。


玄関から邸宅に至る道
邸宅までの道

庭から見た邸宅
邸宅裏側

奴隷小屋
奴隷小屋

奴隷小屋内部の様子
奴隷小屋内部

大きな樫の木が歴史を物語っている
樫の木

当時の衣装で邸宅を案内してくれたオバサン
説明員

玄関前のミシシッピ川には丁度、蒸気船が停泊中 オークアレーの邸宅を見学するため大勢の観光客が下船
蒸気船


 ニューオリンズはアメリカでもフランス植民地当時の独特の雰囲気を持つ都市として有名である。ルイジアナはルイ14世、ニューオリンズはオルレアン公が、その名の由来である。この都市は映画「欲望という名の電車」の舞台でもあった。今でもこの電車は立派に現役であった。フレンチクオーターはジャズ発祥の街らしく公園前ではチップ目当てに演奏している人がいる。ジャクソン広場正面に立つセントルイス大聖堂は壮観。勿論、広場には馬上のアンドリュー・ジャクソン第7代大統領の像もある。彼は「黒人は私有財産」と発言。また、彼は書類にサインする場合、”All Correct”とサインすべきところ、”All Korrect”とサインした。これが”OK”として浸透。この程度の大統領もいたということだ。20世紀には大量破壊兵器があるとイラクに侵攻した大統領もいた。

ニューオリンズからメキシコ湾にそそぐミシシッピ川はアメリカで一番大きな川だ、そして物流の大動脈
ミシシッピ川

映画「欲望という名の電車」のモデルとなった電車は今も現役
欲望という名の電車

奥はセントルイス大聖堂、手前はアンドリュー・ジャクソン大統領の銅像が立つジャクソン広場
ジャクソン広場とセントルイス大聖堂

フレンチクオーターの街並み スペインからフランスの支配を受けた独特の雰囲気
フレンチクオーター

フレンチクオーターでジャズを演奏
ジャズ演奏

フレンチクオーターを走る馬車
馬車

バーボンストリートのジャズ演奏
ジャズの演奏

バーボンストリート
バーボンストリート


【ニューオリンズ~メンフィス630km】・・・ミシシッピ川に並行しながら北上しルイジアナ州からミシシッピ州を通過しテネシー州に移動。途中のミシシッピ州で日産のキャントン工場を通過する。日産の工場としては最大とのこと。メンフィスはエルビスプレスリーが愛した街、そしてマーチン・ルーサー・キング牧師が暗殺された街として有名。1940年代に若いアマチュア・ミュージシャンが集まっては、ライブを催していたブルースのメッカでもある。夜になると何処からともなく、オートライダーが現われビール・ストリートはバイクの展示場と化す。

車窓から日産のキャントン工場を眺める
日産工場

ビールストリートに集まるバイクライダーバイク3

自慢の改造バイクを展示
バイク2

本田の3輪バイク 日本で見たことがない
本田バイク

イージーライダーを彷彿とさせる
バイク1

ビール・ストリートにあるB.B.kings でリズム&ブルースの演奏を聞く
BBキング


【メンフィス~アトランタ600km】・・・テネシー州のメンフィスからまた、ミシシッピ州に戻り、さらにアラバマ州を経てジョージア州アトランタに移動。ジョージア州は東部時間のため1時間早める。これでロスから3度時差を調整した。本当にアメリカは広大だ。本土以外にアラスカ、ハワイも時差の調整が必要。ジョージア州は州民の30%を黒人が占める「黒人の州」でもある。これら南部の諸州は人種差別がひどいことでも有名だ。公民権法成立後(1964年)も露骨に人種差別がまかり通っている。盲目のソウルシンガー、レイ・チャールズの大ヒット作「わが心のジョージア」は1979年に州歌として採用された。州都アトランタは南北戦争当時、南軍連合の首都であったため、戦火に会い焼き尽くされた。アトランタが生んだ英雄はキング牧師だろう。また、アトランタには「コカ・コーラ」やCNNなどの世界的な企業もあり、南部の経済的な中心地でもある。1996年に開催されたアトランタオリンピックは84年に開催されたロサンゼルスオリンピックと同様、政府の資金を一切使わず民間資金のみで開催し黒字となった。東京オリンピックも巨額な国費を投入せず、爪の垢でも煎じてほしいものだ。
 
コカ・コーラの本社は博物館も併設している
コカ・コーラ

車窓からCNNの本社を見る
CNN


【アトランタ~ワシントン1010km】・・・アトランタからサウスカロライナ、ノースカロライナ、バージニアの3州を通過しワシントンまで約14時間アムトラックの「クレセント号」に乗車。クレセント とは三日月という意味。 この列車の終点(または始発駅)のニューオリンズは クレセント・シティ とも呼ばれている。 ニューヨークからワシントンDCを通り、アパラチア山脈に沿って走り、ニューオリンズまで結んでいる。長距離列車のため荷物車両は別にあり、日本の新幹線とは異なる。座席のピッチもかなり広く、座席の下から膝下ふくらはぎを支えるボードが出る仕組みだ。また、リクライニングもかなり倒せるのでフルフラットとはいかないものの、かなり楽な姿勢で過ごせる。出発も到着もアナウンスはない。従い、乗客は乗り過ごさないようにしなければ。この国は何事も自己責任だ。

アトランタ駅は驚くほど小さい 
アトランタ駅

アムトラックの「クレセント号」
アムトラック「クレセント号」

アムトラックは人と大きな荷物は別べつに運ぶ、飛行機の移動と同じ 荷物車にスーツケースを積み込む
荷物車

ワシントン駅で飛行場にあるようなバゲッジテーブルで預けた荷物を受け取る
荷物受取

ワシントンの連邦議会議事堂は秋の「新大統領」の就任式のためか改装中
連邦議会

ワシントン観光の定番、ホワイトハウス セキュリティが厳しくあまり近くに行けない
ホワイトハウス

こちらも定番のリンカーン記念堂
リンカーン記念堂

リンカーン記念堂から見たワシントン記念塔 ベトナム反戦集会やキング牧師の大行進などで有名
ワシントン記念塔

リンカーン像 いつも思うが、どうしてこんなに厳しい表情なのか
リンカーン像

リンカーンのゲティスバーグの演説で有名な部分 下から3行目
演説

<リンカーン記念堂の前にはキング牧師の有名な演説の一部 "I have a dream" の一説が刻み込まれていた
キング牧師の演説

ポトマック河畔の桜はすでに散ってしまい、青々とした葉が茂っていた
ポトマック川

車窓から国防総省(ペンタゴン)を眺める
ペンタゴン


【ワシントン~フィラデルフィア250km】・・・ワシントンDCからメリーランド、デラウエアの2州を通過しペンシルバニア州のフィラデルフィアに向かう。フィラデルフィアはアメリカ憲法の礎である自由、平等、博愛の精神を揚げ、イギリスの圧政から独立したアメリカ合衆国誕生の地だ。トーマス・ジェファーソンが起草した「独立宣言」が採択され国会が開催された。また1787年の憲法制定会議もここで行われた。現在は世界遺産で独立記念館として公開している。

独立記念館 
独立記念館

第一回国会が開催された
第一回議会が開かれた

自由の鐘  今はひびが入り鳴らすことができない
自由の鐘


【ヒューストン~レイクチャールズ250km】・・・テキサス州から州境のサビーン川を渡りルイジアナ州へ移動。ルイジアナ州はいわゆる「ディープサウス」だ。やはり、ワーカーはヒスパニック系やアジア系から黒人が目立つようになる。風景も砂漠から湿潤な湖沼地帯となる。特産品は綿花とザリガニだそうだ。州の鳥は湖沼地帯に棲むペリカン。

レイクチャールズの付近は湿潤な湖沼地帯だ ペリカンが多く棲んでいるそうだ 国鳥の白頭鷲の巣も見かけた
湿地帯バイユ

ホテルから眺めたレイクチャールズ アメリカで一番大きいミシシッピ川は物流の大動脈だ
ホテルから見たレイクチャールズ


【レイクチャールズ~ニューオリンズ400km】・・・ニューオリンズに行く途中にオークアレーのプランテーションに立ち寄る。ここは奴隷を使った大規模農園だ。場所は異なるがマーガレット・ミッチャムの「風と共に去りぬ」を彷彿とさせる。いわゆるアメリカ南部の白人貴族社会。


玄関から邸宅に至る道
邸宅までの道

庭から見た邸宅
邸宅裏側

奴隷小屋
奴隷小屋

奴隷小屋内部の様子
奴隷小屋内部

大きな樫の木が歴史を物語っている
樫の木

当時の衣装で邸宅を案内してくれたオバサン
説明員

玄関前のミシシッピ川には丁度、蒸気船が停泊中 オークアレーの邸宅を見学するため大勢の観光客が下船
蒸気船


 ニューオリンズはアメリカでもフランス植民地当時の独特の雰囲気を持つ都市として有名である。ルイジアナはルイ14世、ニューオリンズはオルレアン公が、その名の由来である。この都市は映画「欲望という名の電車」の舞台でもあった。今でもこの電車は立派に現役であった。フレンチクオーターはジャズ発祥の街らしく公園前ではチップ目当てに演奏している人がいる。ジャクソン広場正面に立つセントルイス大聖堂は壮観。勿論、広場には馬上のアンドリュー・ジャクソン第7代大統領の像もある。彼は「黒人は私有財産」と発言。また、彼は書類にサインする場合、”All Correct”とサインすべきところ、”All Korrect”とサインした。これが”OK”として浸透。この程度の大統領もいたということだ。20世紀には大量破壊兵器があるとイラクに侵攻した大統領もいた。

ニューオリンズからメキシコ湾にそそぐミシシッピ川はアメリカで一番大きな川だ、そして物流の大動脈
ミシシッピ川

映画「欲望という名の電車」のモデルとなった電車は今も現役
欲望という名の電車

奥はセントルイス大聖堂、手前はアンドリュー・ジャクソン大統領の銅像が立つジャクソン広場
ジャクソン広場とセントルイス大聖堂

フレンチクオーターの街並み スペインからフランスの支配を受けた独特の雰囲気
フレンチクオーター

フレンチクオーターでジャズを演奏
ジャズ演奏

フレンチクオーターを走る馬車
馬車

バーボンストリートのジャズ演奏
ジャズの演奏

バーボンストリート
バーボンストリート


【ニューオリンズ~メンフィス630km】・・・ミシシッピ川に並行しながら北上しルイジアナ州からミシシッピ州を通過しテネシー州に移動。途中のミシシッピ州で日産のキャントン工場を通過する。日産の工場としては最大とのこと。メンフィスはエルビスプレスリーが愛した街、そしてマーチン・ルーサー・キング牧師が暗殺された街として有名。1940年代に若いアマチュア・ミュージシャンが集まっては、ライブを催していたブルースのメッカでもある。夜になると何処からともなく、オートライダーが現われビール・ストリートはバイクの展示場と化す。

車窓から日産のキャントン工場を眺める
日産工場

ビールストリートに集まるバイクライダーバイク3

自慢の改造バイクを展示
バイク2

本田の3輪バイク 日本で見たことがない
本田バイク

イージーライダーを彷彿とさせる
バイク1

ビール・ストリートにあるB.B.kings でリズム&ブルースの演奏を聞く
BBキング


【メンフィス~アトランタ600km】・・・テネシー州のメンフィスからまた、ミシシッピ州に戻り、さらにアラバマ州を経てジョージア州アトランタに移動。ジョージア州は東部時間のため1時間早める。これでロスから3度時差を調整した。本当にアメリカは広大だ。本土以外にアラスカ、ハワイも時差の調整が必要。ジョージア州は州民の30%を黒人が占める「黒人の州」でもある。これら南部の諸州は人種差別がひどいことでも有名だ。公民権法成立後(1964年)も露骨に人種差別がまかり通っている。盲目のソウルシンガー、レイ・チャールズの大ヒット作「わが心のジョージア」は1979年に州歌として採用された。州都アトランタは南北戦争当時、南軍連合の首都であったため、戦火に会い焼き尽くされた。アトランタが生んだ英雄はキング牧師だろう。また、アトランタには「コカ・コーラ」やCNNなどの世界的な企業もあり、南部の経済的な中心地でもある。1996年に開催されたアトランタオリンピックは84年に開催されたロサンゼルスオリンピックと同様、政府の資金を一切使わず民間資金のみで開催し黒字となった。東京オリンピックも巨額な国費を投入せず、爪の垢でも煎じてほしいものだ。
 
コカ・コーラの本社は博物館も併設している
コカ・コーラ

車窓からCNNの本社を見る
CNN


【アトランタ~ワシントン1010km】・・・アトランタからサウスカロライナ、ノースカロライナ、バージニアの3州を通過しワシントンまで約14時間アムトラックの「クレセント号」に乗車。クレセント とは三日月という意味。 この列車の終点(または始発駅)のニューオリンズは クレセント・シティ とも呼ばれている。 ニューヨークからワシントンDCを通り、アパラチア山脈に沿って走り、ニューオリンズまで結んでいる。長距離列車のため荷物車両は別にあり、日本の新幹線とは異なる。座席のピッチもかなり広く、座席の下から膝下ふくらはぎを支えるボードが出る仕組みだ。また、リクライニングもかなり倒せるのでフルフラットとはいかないものの、かなり楽な姿勢で過ごせる。出発も到着もアナウンスはない。従い、乗客は乗り過ごさないようにしなければ。この国は何事も自己責任だ。

アトランタ駅は驚くほど小さい 
アトランタ駅

アムトラックの「クレセント号」
アムトラック「クレセント号」

アムトラックは人と大きな荷物は別べつに運ぶ、飛行機の移動と同じ 荷物車にスーツケースを積み込む
荷物車

ワシントン駅で飛行場にあるようなバゲッジテーブルで預けた荷物を受け取る
荷物受取

ワシントンの連邦議会議事堂は秋の「新大統領」の就任式のためか改装中
連邦議会

ワシントン観光の定番、ホワイトハウス セキュリティが厳しくあまり近くに行けない
ホワイトハウス

こちらも定番のリンカーン記念堂
リンカーン記念堂

リンカーン記念堂から見たワシントン記念塔 ベトナム反戦集会やキング牧師の大行進などで有名
ワシントン記念塔

リンカーン像 いつも思うが、どうしてこんなに厳しい表情なのか
リンカーン像

リンカーンのゲティスバーグの演説で有名な部分 下から3行目
演説

<リンカーン記念堂の前にはキング牧師の有名な演説の一部 "I have a dream" の一説が刻み込まれていた
キング牧師の演説

ポトマック河畔の桜はすでに散ってしまい、青々とした葉が茂っていた
ポトマック川

車窓から国防総省(ペンタゴン)を眺める
ペンタゴン


【ワシントン~フィラデルフィア250km】・・・ワシントンDCからメリーランド、デラウエアの2州を通過しペンシルバニア州のフィラデルフィアに向かう。フィラデルフィアはアメリカ憲法の礎である自由、平等、博愛の精神を揚げ、イギリスの圧政から独立したアメリカ合衆国誕生の地だ。トーマス・ジェファーソンが起草した「独立宣言」が採択され国会が開催された。また1787年の憲法制定会議もここで行われた。現在は世界遺産で独立記念館として公開している。

独立記念館 
独立記念館

第一回国会が開催された
第一回議会が開かれた

自由の鐘  今はひびが入り鳴らすことができない
自由の鐘


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Whitedevil

Author:Whitedevil
FC2ブログへようこそ!
2011年秋に完全リタイアー。現在は毎日が日曜日の素浪人。そして地球の何処かを徘徊中。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる