16.04.30大町、材木座界隈

 天気がいいので大町と材木座界隈に出かけてみる。その前に六地蔵に立ち寄る。六地蔵とは、亡者を六道(地獄・餓鬼・畜生・修羅・人間・天)から救うために祀られる。この辺りは、昔の刑場の跡地。問注所での裁判の結果、有罪となった者が裁許橋を渡ってここに引き連れられ処刑された。明治初めころまでは、「飢渇畠」(けかちばたけ)と呼ばれる荒地だったが、罪人供養のための六体の地蔵が建てられたのだという。しかし今はその名面影はなし。

六地蔵はやはり庶民の信仰を集めているようだ。そしてこの辺りの地名も六地蔵
六地蔵

 大町の安養院は北条政子が頼朝を弔うために建てた寺。政子の法名が安養院。ここは坂東三十三か所の第三札所である。因みに鎌倉には大一番札所の杉本寺、第四番札所の長谷寺がある。境内に入った左側には天然記念物の樹齢七百年の槇の巨木がある。ここは鎌倉でも有数のツツジの名所だ。寺の生け垣は勿論のこと境内のあちこちにもツツジがあり今が盛りに咲き乱れていた。本堂の裏には開山良弁尊観の宝篋印塔と政子の墓(供養塔?)がある。 観光客も少ないのでおおすめと思う。

安養院山門までの参道
安養院1

山門をくぐると左手に天然記念物の樹齢700年の槇の木がある
安養院2槙

本堂裏にある宝篋印塔と供養塔
宝篋印塔

北条政子の墓(供養塔?)
宝篋印塔2

良弁尊観の宝篋印塔
宝篋印塔

 安養院の近くで釈迦堂切通に至る途中に大宝寺がある。ここは御家人、佐竹氏の屋敷があった場所で、1399年に佐竹義盛が建てた多福寺が前身。多福寺は一旦廃寺になるが、1444年に日出が再興し、大宝寺と改名した。この寺の裏には源義光(新羅三郎義光)の墓がある。また、本堂横の崖には今が盛りと、野生の藤が咲いていた。元々野生の藤は高さ2、30m程度に育つのは普通だ。物語の「ジャックと豆の木」の木は藤の蔦だと思うが・・・・

住宅地の中にある大宝寺の入り口
大宝寺玄関

本堂横の崖に生える藤の木
大宝寺本堂横の野生藤

 大宝寺から材木座海岸近くの光明寺に向かう途中に来迎寺がある。この寺は健久5年(1194)源頼朝が鎌倉幕府の重臣、三浦大介義明の霊を弔うため建立。

来迎寺正面
来迎慈

 来迎時のほぼ隣といったところに五所神社がある。この神社の境内には、国の重要美術品の「不動種子板碑」というものがある。弘長2年(1262)の銘がある貴重なものだそうだ。このように完全に保存されているのは極めて稀であるそうだ。種子とは仏や菩薩をあらわす梵字のことらしい。

不動種子板の説明書
五所神社1

重要美術品の割には保管状況がイマイチ
五所神社2


 光明寺は鎌倉の南東のはずれにある。少し行けば逗子や葉山になる。この寺の周りは総じて小刹ばかりだ。光明寺は寛元元年(1243)の創建の浄土宗の寺である。御土御門天皇より「関東総本山」の称号を得ている。信仰と研鑚の根本道場でもある。総本山のため、さすがに間口16m、奥行7m、高さ20mの山門は立派だ。大殿の裏にある天照山の展望台から光明寺大殿の屋根越しで材木座海岸、稲村ケ崎方面を眺める。天候が良ければ富士を見ることができるが、残念ながら今日は見ることができなかった。ここは「かながわ景勝50選」にも選ばれている。

光明寺の立派な山門
光明寺山門

山門に住みついている猫
山門に住みついている?猫

光明寺書院
光明寺書院

光明寺庭園 この池には1mほどの鯉がいた
光明寺庭園

本殿裏の天照山からの眺め
天照山からの眺め








コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Whitedevil

Author:Whitedevil
FC2ブログへようこそ!
2011年秋に完全リタイアー。現在は毎日が日曜日の素浪人。そして地球の何処かを徘徊中。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる