16.04.05高徳院、源氏山 桜の見納め

 昨夜来の雨で桜はどうなったかと思い出かけてみる。すでに散ってしまったものや、今が盛りのものまでいろいろであった。

 先ず、高徳院は桜が少ない寺だが、取りあえず寄ってみる。曇天なので桜が空に映えない。致し方なし。大仏の裏にあるお堂には桜が満開であった。

高徳院大仏
大仏

 大仏から錢洗弁天に出かける。大仏横のハイキングコースから錢洗弁天や佐助稲荷まで行くハイキングコースがあるが、住宅街を通る平坦な道を行く。銭洗弁天の正式名称は宇賀福神社であるが、銭洗弁天の通称の方が有名である。
 銭洗弁天には道から鳥居前のトンネルを通り境内に入る。奥の宮は洞窟の中にあり、笊や水を汲む柄杓が置いてある。笊にお金を入れて洗うと霊験あらたかで何倍にも増えるという。そのため信心深い(欲深い?)善男善女はせっせとお金を洗らう。鎌倉は山に囲まれているのと地質のためか洞窟内にこのような湧水がある場所が多い。

銭洗弁天に行く途中の道標
銭洗弁天道標
銭洗弁天に行くにはこのトンネルを通る
銭洗弁天入口
銭洗弁天の奥宮
銭洗弁天洞窟
奥宮の中の銭洗場
銭洗弁天奥宮

 銭洗弁天から山側に少し登ったところが源氏山である。ここは桜の名所である。しかし、ソメイヨシノは終わったようで、八重桜が満開であった。近くには頼朝像もある。

源氏山の八重桜
八重桜
頼朝像
頼朝像

 すぐ近くには国指定史跡の日野俊基の墓がある。彼は鎌倉時代末期に後醍醐天皇に仕え討幕計画に参加した。正中の変(1324)で捕らえられ許されたが、元弘の乱(1331)で再び捕らえられ、この葛原岡で処刑されたそうだ。

日野俊基の石碑
日野俊基石碑
日野俊基の墓
日野俊基の墓

 葛原岡には鎌倉の縁結びの神社、葛原岡神社がある。この神社は梶原影時の祖先である景成が桓武天皇の祖、葛原親王を祀つる社を建てたのが地名の始まりとあった。境内の桜は満開であった。天気が良ければ、この近くからは富士山が眺められるそうだ。

葛原岡神社の鳥居前の桜は満開
 葛原岡神社の桜

 帰路は化粧坂を通り北鎌倉に出ようとしたが、足元が良くないため途中で引き返し元来た道から帰った。

雨上がりのため木の根っこは滑りやすい
化粧坂1








コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Whitedevil

Author:Whitedevil
FC2ブログへようこそ!
2011年秋に完全リタイアー。現在は毎日が日曜日の素浪人。そして地球の何処かを徘徊中。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる