16.02.27フランドル絵画について

 ヨーロッパから帰宅後、ちょっと気になり、フェルメールとレンブラントの絵を調べてみた。ハーグのマウリッツマイス美術館所蔵 フェルメール「青いターバンの女」は肖像画と思ったが、これは肖像画ではなく17世紀にオランダで流行した「トローニー」と呼ばれるものらしい。そもそもトローニーとは歴史画などの大作を描くために描かれるキャラクター研究のためのものだそうだ、従い、肖像画がでないためモデルはいないそうだ。
青いターバンの女

 こちらもフェルメールの絵であるが、アムステルダム国立博物館所蔵の「牛乳を注ぐ女」は風物画としてメイドを主役として描いた唯一の作品である。がっしりとした体形で素朴そうなメイドである。固くなったパンにミルクを注ぎ調理している。食材を無駄にしないように家事にいそしんでいる。一見、雇い主に忠実なメイドを称賛しているようだが、実は称賛されているのは雇用主の女主人だそうだ。当時はメイドの管理監督は主婦の大事な仕事だった。
牛乳を注ぐ女

 こちらもアムステルダム国立博物館所蔵のレンブラントの代表作「夜警」であるが、「夜警」というタイトルは通称で、本当は「隊長フランス・パニング・コックと副官ウィレム・ファン・ラウテンブルグ市警団」が正しいそうだ。この時代絵のタイトルはなかった。一般的には19世紀になり絵にタイトルが付けられるようになったとのこと。そもそも「夜警」が通称になったのは、この絵が時間を経てニスが褐色化した結果、夜の場面を描いたようになったそうだ。もともとコントラスのの激しいタッチの作品なので黒くなると何が描かれているのかわからなくなり、この通称が一般化した。もとは昼間の絵。
レンブラントの夜警

 これもレンブラントの出世作として有名な、ハーグのマウリッツマイス美術館所蔵の「二コラース・テュルブス博士の解剖学講座」であるが、外科医組合の発注を受けて制作した集団肖像画である。この講義の場所は大学ではない。当時、解剖学の講義は年に一度だけ許されていた冬の社交イベントで外科医だけでなくアムステルダムの名士も参加したそうだ。実際に解剖しているのでなく集団肖像画を書くために集まっているのが真実。余談であるが、実際に解剖する場合は最初に腐敗する腹部から始めるのが正式とのこと。
解剖学講座



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Whitedevil

Author:Whitedevil
FC2ブログへようこそ!
2011年秋に完全リタイアー。現在は毎日が日曜日の素浪人。そして地球の何処かを徘徊中。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる