16.02.16.-23ベルギー

 ベルギーは面積30,528㎡(近畿地方相当)、人口1060万人、EU本部がある。
 首都のブリュッセルの中心街のグランプラス広場は世界遺産である。ブリュッセルは昨年末パリで起きた多発テロ事件の容疑者のアジトがあったことでも有名になった。そのためか自動小銃を携えた警備の兵士を見かけた。チョット無粋で艶消しである。ブリュッセルの市庁舎やギルドハウス、ブラバン公の館などに囲まれたグランプラスを文豪のビクトル・ユーゴが「世界で一番美しい広場」と形容した。夜はライトアップをしていて美しい。また、この広場には名物のチョコレートやワッフルを販売している店が多く、観光客でごった返している。グランプラスの北東にはヨーロッパ最古の、かつ最も瀟洒なアーケードの一つといえるギャルリー・サンチュベールがある。1847年の竣工なので、かつての栄華がしのばれる。近くの交差点には有名な「小便小僧」(1619年)の像があり、当日は衣装をきせられていた。期待するほど大きくもなく、美しくもないため、「世界の三大ガッカリ」というそうだ。他の二つはシンガポールのマーライオンとコペンハーゲンの白鳥像とのこと。5分程度のところにしゃがんで用を足している「小便小娘」というべきジャンネケ・ピスという像があるそうだ。これは1987年にがん撲滅運動を目的として建てられた。

グランプラス広場にある市庁舎
市庁舎
市庁舎夜景
夜景
グランプラス広場のギルドハウス
ギルドハウス
グランプラス夜景
広場夜景
グランプラスにつながるギャルリー・サンチュベール
ギャルリー・サンチュベール
グランプラスに至る街並み
グランプラスにいたる街並み
ノートルダム寺院
ノートルダム寺院
ノートルダム寺院の夜景
ノートルダム寺院夜景
証券取引所
証券取引所
有名な小便小僧 当日は衣装を着けていた
小便小僧
街を警備する兵士
警備兵2
同じく警備する兵士
警備兵1

 ブリュセルの北東にアントワープがある。児童文学の「フランダースの犬」の舞台になったノートルダム大聖堂はここにある。イギリスの女流作家ウィーダがノートルダム大聖堂のルーベンスの絵を見るためこの寺院を訪れ、その後創作したそうだ。児童文学には珍しく悲劇的な結末である。おじいさんを亡くし身寄りのない少年ネロと愛犬パトラッシュがルーベンスの絵を見るため教会で凍え死ぬ話について、ベルギー人は優しいのでこのような悲劇が起こる前に解決するだろう。これは意地悪なイギリス人が創作したものだと納得しないそうだ。宗教観の違いかキリスト教徒が天国に召されることは悲劇でなくハッピーエンドに近いものかも知れない。教会の中にはルーベンスの四大傑作「キリスト昇架」「キリスト降架」「キリスト復活」「聖母被昇天」がある。

アントワープの街並みアントワープ街並み
アントワープ・ノートルダム大聖堂
アントワープ ノートルダム大聖堂
大聖堂内部
アントワープ ノートルダム大聖堂内部
ルーベンス 「キリスト降架」
ルーベンス キリスト降架
ルーベンス 「キリスト復活」
ルーベンス キリスト復活
グルン広場
グルン広場
ルーベンスの家 旗の立っているレンガ造りの建物
ルーベンスの家

 ブリュッセルから北西に100km程度行ったところにブリュージュという北海沿岸の街がある。この街はハンザ同盟の主要都市で中世の面影を残す有数の古都である。運河沿いに囲まれた歴史地区全体が世界遺産。運河の景観の美しさは「屋根のない美術館」と称されるそうだ。運河をボートで巡ればさらに別の視線で見ることができるが、残念ながら当日は小雨の降る天気。街にはベギン会修道院が今でも身寄りのない未亡人を収容しているそうで、なんとなく優しい雰囲気。

ブリュージュにある ベギン修道院
ベギン会修道院
ブリュージュの街並み
ブルージュの街並み
ブリュージュの運河
運河1
運河の風景
運河2
ブリュージュの市庁舎
ブルージュ市庁舎
市庁舎に至る街並み
街並み


 ブリュージュ街から約50kmほどブリュッセルに戻った所にゲントという街がある。この街は神聖ローマ皇帝カール5世の生誕の地である。ここは北海から直接運河が通じており中世から商業が発達し、街は至る所に世界を制覇した王のエピソードに出くわす。ブリュージュと比べるとこちらは男性的な雰囲気の街である。

ゲントの市庁舎
ゲントの市庁舎
ゲントの運河
ゲントの運河
フランドル伯居城
フランドル伯居城 
ゲントの街はトラムが走る
ゲントの街にトラムが走る
ゲントのベルフォート
ベルフォート
大聖堂内部
聖堂内部
ゲントの鐘楼
ゲントの鐘楼


























コメントの投稿

非公開コメント

No title

落ち着いた雰囲気がよく写ってますね。お疲れ様でした。
プロフィール

Whitedevil

Author:Whitedevil
FC2ブログへようこそ!
2011年秋に完全リタイアー。現在は毎日が日曜日の素浪人。そして地球の何処かを徘徊中。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる