16.01.21~27ラオス紀行 その1

 ラオスは東南アジアで唯一の内陸国である。国土の面積は約23万7000k㎡で日本の約三分の一。ただ、大半は峻険な山地と密林。そして中国のチベットを源流とする母なる川メコン川が国を縦断している。人口は約677万人で日本の二十分の一。GDPは鳥取県の経済規模の三分の一。通貨はキープ(K)で1000K≒15円というレートであった。観光客は年間450万人程度訪れる。内訳は中国、タイ、韓国、フランス、アメリカ、日本の順で、まだ日本とは馴染みが少ない。首都はビエンチャンで正式国名は「ラオス人民民主共和国」で社会主義国であり、公共の建物は必ずと言っていいほど国旗の横には赤字に鎌とハンマーを黄色で染め抜いた旗を掲揚。国民の大半が敬虔な仏教徒で治安もよく、物乞いも見かけなかった。きっと社会主義の良さなのだろう。日本からの援助も活発で小学校はすでに300校を越えている。また、メコン川にかかる友好橋は4橋あるが、うち2橋は日本の援助、その他は中国とオーストラリアの援助で建設。
【ビエンチャンにて】・・・メコン川を挟んでタイと国境を接する。
 タートルアン寺院は仏教国ラオスの国家的シンボルというべき黄金の仏塔。3世紀ごろにインドからブッダの胸骨を納めるために建立したと伝えられる。
タートルアン寺院
タートルアン

 ワットシーサケット寺院はビエンチャン随一の歴史建造物と知られている。
ワットシーサケット寺院
ワットシーサケット
ワットシーサケットの仏像
仏像群

 パトゥーサイ(凱旋門)は街の中心部にある戦没者記念塔である。1962年にパテトラオによる内戦の終結を記念し建設された。パリの凱旋門を模しているが最上部はストゥーパ(仏塔)があり、内部の階段を登るとメコン川に沿って広がるビエンチャンの街並みが一望出来る。すぐそばには首相官邸があり、街路樹として国の花であるプルメリアが一年中咲いている。この花は隣国ミャンマーのアウンサンスーチさんがよく髪飾りとして付けている。
ビエンチャンのパトゥーサイ(凱旋門)
凱旋門
凱旋門の上から見た首相官邸
凱旋門の上から見た首相官邸
凱旋門の上から見た街並み
凱旋門の上から見た街並み
ラオスの国の花プルメリア
プルメリア

 ブッダパークはビエンチャンの市街からメコン川に沿って下流方向へ約24キロ、友好橋の近くにある。ワット(寺院)という名前がついているが、実際にはコンクリート製の様々な仏像等がある。その他にも天上界、地上、地獄を表現した3層の建物がある。摩訶不思議な感じのする空間だ。バラモン教、ヒンズー教、仏教などの石像がある。
ブッダパークの涅槃像
ブッダパークの涅槃像
ブッダパークのヒンズー教の像ヒンズー教の像

【パクセーにて】・・・ビエンチャンから約400km南の都市で、緯度的にはタイのバンコクに近い。訪れた日は熱帯の暑さで気温は32℃であった。
 ワットプーは世界遺産である。聖なる山と称えられたカオ山の麓には、5世紀頃から千年以上にわたって古代都市が栄えていた。宗主国はたびたび変わり、宗教もヒンドゥー教から上座部仏教へと変化したものの、カオ山とワットプーは聖地としてあり続け、多くの人々の信仰を集めてきた。山頂に登ってみたが、石段の勾配がきつい。また、今にも崩れそうで崩壊が進んでいる。洞窟の奥には湧水があり地元の人が聖なる水としてペットボトルに入れて持ち帰る。
ワットプー遺跡1
遺跡1
ワットプー遺跡2遺跡2
ワットプー遺跡3
遺跡3
ワットプー遺跡の洞窟にある聖なる水
聖なる水

 パクセーを流れるメコン川には2000年に日本が援助し建設した友好橋(全長1380m)がある。10000キープ札の裏にはこの橋がデザインされている。
友好橋建設記念碑
日本の援助碑
友好橋1友好橋1
友好橋2
友好橋2
10000キープ札の裏側にデザインされている友好橋
10000キープ札

 【コーン島&デッド島にて】・・・メコン川にある大きな島で巨大な滝があり、この滝の存在がメコン川を利用した水運を妨げている。
 コーン島に滝があり、船はこれ以上メコン川を遡上できないため、フランスは1893年にコーン島に線路を敷設し鉄道車両に船を載せて陸上を移動させ物資を輸送。現在は残骸が残るのみ。因みにラオス国内は鉄道がない。現在は中国の援助で新幹線を計画中。コーンパペンの滝はメコン川で最大。幅300m、高さ15m。また、ソムパットの滝は流れがいく筋にも分かれ岩に激突して落ちている。今は乾期でそれほどでもないが雨季の季節は大迫力と思う。
メコン随一のコーンパペンの滝
コーンペパンの滝
ソムパットの滝
ソムパットの滝
コーン島にある機関車の残骸
コーン島のある機関車の残骸

【ルアンプラバンにて】・・・パクセーから約800km北に位置する。現在のラオスの基礎となるランサーン王国の都として栄えた。現在は街全体が世界遺産。ちょうど奈良の様な感じ。
 1909年に建てられた宮殿を、1975年の王制廃止に伴い、博物館として使用。各国からの贈り物の美術品などが展示されている。日本からは陶器、アメリカからは1969年の月面着陸したアポロ計画の宇宙船の模型が贈答品として展示されていた。贅を尽くした王家の暮らしぶりを知ることができる。
王宮博物館
王宮博物館
王様の車
王様の車

ワットマイ寺院はルアンプラバンで最も美しい寺院の一つである。1788年から建設が始まり70年かけて完成した。屋根は五重に折り重なっている典型的なルアンプラバン様式といわれている。
ワットマイ寺院
ワットマイ寺院
ワットマイ寺院の仏像
ワットマイ寺院の仏像






















コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Whitedevil

Author:Whitedevil
FC2ブログへようこそ!
2011年秋に完全リタイアー。現在は毎日が日曜日の素浪人。そして地球の何処かを徘徊中。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる