16.01.05上町屋界隈

 湘南モノレールの町屋駅近くで昨年10月~12月にかけて埋蔵文化財の発掘調査が行われ、地表面下30~40cmで、黒褐色土の堆積土から40㎡ほどの竪穴式住居跡1軒が確認された。出土した土師器、須恵器などから8世紀前半のものと考えられている。さらに堀進めたところ地表から150cmのところで縄文土器、石器38点が出土。縄文時代前期(約4000年~5000年前)の諸磯式土器が主体の遺跡と確認されたそうだ。残念だが、これらの現場はまだ、見学ができない。しかし、今日はこれらの遺跡を除いた、上町屋界隈を散策することにした。

【北野神社】・・・・歴応年間(1338~1342)夢想国師が円覚寺の南西にあたる天神山に京都の北野天満宮を勧進したのが始まりとされている。拝殿の左手には応永12年(1405)に建てたられた「利生塔」と呼ばれる宝篋印塔がある。本来はありがたい物だろうが、残念ながら柵の中でよくわからない。神社そのものが急な階段を凡そ300段ほど登る必要があり、参拝客は勿論、社務所も無人である。

北野神社
石段を登り切ると鳥居と社殿がある

利生塔
宝篋印塔は哀れな状態

【鎌倉中央公園】・・・・鎌倉でも有数な自然を残した公園。農業体験などの体験もできる緑化推進拠点である。入り口近くには獅子石といわれる巨大な石が鎮座している。鎌倉で暮らして40年以上たつが、この公園出かけたのは初めて。NPO法人が、田んぼ斑、畑斑、雑木林管理斑、農芸斑、自然遊び斑、生態系保存斑、植物育成斑などを組織し、小学生から大人までが活躍中。面積は23.7ヘクタールの広さとか、今日は散歩の老人しか見かけなかった。

中央公園入口
中央公園入口(山崎口)にある石碑

獅子石
中央公園入り口にある巨大な獅子石

【江の島道道標】・・・・江戸時代、江の島参りの人々が利用した古道で、戸塚を経て小袋谷、台とたどった参拝者達が、当地から山越えし上町屋へ出、さらに手広の鎖太師を経て目的地を目指した。

江の島道の道標
ここを右に回れば旧江の島道に通じる

【富士塚】・・・・住宅地の奥の小山を覆う木立の中に富士浅間神社を祀った石碑がある。江戸時代中期には、街道宿場制度や施設が整い、庶民も信仰を重ねて遠くに旅することが可能となった。富士講、江の島講や伊勢講などに出かける講中も少なくなかったようだ。この石碑もその名残だろう。藤塚の頂には、嘉永2年(1849)に建立された釈迦像がある。しかし残念ながら首から上は無くなっている。人が来ないと思われるような環境だが正月のためかお供えがあった。この小山を下から眺めると富士山に似せて築かれた塚と考えることができる。

富士塚
鬱蒼とした藪の中にポツンと像がある

【泉光院】・・・・寺号は高音寺。本堂には阿弥陀三尊像、不道明王像が安置されている。本堂はかつて木造であったが、関東大震災を機に建て替えられ、現在はコンクリート造り。住宅地の中にポツリと存在している。裏の方は大きな墓地となっていた。

泉光寺
泉光院の山門

泉光寺境内
泉光院の境内 弘法大師像がある

【上町屋天満宮】・・・・上町屋の鎮守。平安時代藤沢村岡の平良文が夢のお告げに従い天神を祀ったのが始まりとされている。祭神は菅原道真公。社殿は天明元年(1781)に建てられたようだ。拝殿前に正徳2年(1712)に作られた菅原道真の半肉彫の石碑がある。神像を刻んだ石碑は鎌倉でも珍しいそうだ。

鳥居と境内、社殿 
鳥居と境内、社殿 

【洲崎古戦場の碑】・・・・当地はかつて洲崎郷と呼ばれていた。新田義貞の鎌倉攻めに際し、元弘3年(1333)に幕府軍は赤橋守時を大将とする6万の兵で戦った。太平記によると一昼夜の間に60数回の戦闘が行われ、赤橋守時の率いる6万の軍勢はわずか300に討ち減らされたという。守時は、足利尊氏の妻の兄であるため、「もしここで降伏すれば、新田軍に内通したと思われる、それこそ武士の恥」と言って洲崎の千代塚で自刃した。守時の死を知った幕府軍は葛原岡へ壊走。それを追って新田軍は一気に鎌倉に攻め込んで幕府崩壊。この石碑には「洲崎古戦場」と刻まれている。戦死者の追悼のため建てられた。

洲崎の古戦場石碑

 この洲崎古戦場の石碑がある市道大船西鎌倉線の上に湘南モノレールが通っている。実は江ノ電が、江の島と大船を結ぶ鉄道を計画していたルートにあたり、これと競合したのが日本自動車(株)の自動車専用道路計画があった。そこで両者の調整を行ったのが菅原通済氏であった。そして鉄道計画が廃止され大船-片瀬間の「賃取り自動車専用道路」が昭和5年に開通したそうだ。日本で最初の有料自動車専用道路である。20年ほど前まで集金のオジサンが片瀬付近でカバンを首からぶら下げて気まぐれに料金を徴収していたと記憶している。

北野神社

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Whitedevil

Author:Whitedevil
FC2ブログへようこそ!
2011年秋に完全リタイアー。現在は毎日が日曜日の素浪人。そして地球の何処かを徘徊中。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる