20.02.21円覚寺探訪

20.02.21円覚寺探訪

 今日は久しぶりにNPO法人「鎌倉ガイド協会」の福島氏と北鎌倉の円覚寺を梅の香を堪能しながらめぐる。

 円覚寺は鎌倉五山第二位の寺で「山号・寺号」は瑞鹿山円覚寺興聖禅寺という。「宗派」は臨済宗円覚寺派本山、「創建」は弘安5年、「開山」は無学祖元、「開基」は北条時宗(第8代執権)、「本尊」は宝冠釈迦如来である。北条時宗(1251~1284)が、文永(1274)及び弘安(1281)の、2度の元との戦いで戦死した敵味方の兵士たちの菩提を弔うために建立。時宗は33歳で没しているが、それにしても短命だ。きっと元との戦いのプレッシャーでストレスによる死である(あくまでも私見)。
 
 円覚寺の前(元は寺領)をJR横須賀線が通る
DSC_8488 (800x533)

 石段の向こうは総門
DSC_8415 (800x533)

 総門には「瑞鹿山」の額字
DSC_8416 (800x533)

 山門には伏見上皇の「円覚寺興聖禅寺」の額字
DSC_8419 (800x533)

DSC_8422 (800x533)

 山門をくぐり直進すると【仏殿】(大光明宝殿)がある。円覚寺の御本尊(宝冠釈迦如来坐像)が祀られている建物だ。関東大震災(大正12年)に倒壊。昭和39年に再建した。禅寺の特徴である軒下の垂木は、下層は並行、上層は放射状(扇子の骨状)に広がっている。

DSC_8423 (800x533)

DSC_8425 (800x533)

 宝冠釈迦如来坐像  
 DSC_8431 (800x533)

 仏殿の天井には龍が描かれている
DSC_8428 (800x533)

 右は無学祖元、左は達磨大師
 DSC_8430 (800x533)
 
DSC_8429 (800x533)

 仏殿から参道を挟み西側には【選仏場】がある。選仏場とは、字の通り仏を選び出す場所という意味で、修行僧の座禅道場である。ここには雲慶派の作品と言われる薬師如来が安置されている。その右横には聖観音菩薩が、柔らかく力を抜いてリラックスしているような姿で安置されている。この堂は元禄12年(1699)伊勢長島城主・松平忠充が建立したものだ。屋根は茅葺でなかなか趣がある建物。

DSC_8434 (800x533)

DSC_8437 (800x533)

DSC_8435 (800x533)

DSC_8438 (800x533)

 選仏場の横から【龍隠庵】に登ると円覚寺の山門から方丈に至る大伽藍が眼下に眺めることができた。そして足元には春を告げる福寿草が生えていた。

DSC_8439 (800x533)

DSC_8442 (800x533)


 龍隠庵のすぐ下には【居士林】がある。ここは在家修行者のための専用道場である。『居士』とは一般在家の禅の修行者を指す。広く一般の人に解放された各種座禅会などが行われている。 

DSC_8443 (800x533)

DSC_8444 (800x533)

 居士林から元の参道に戻り直進すると大方丈に当たる。方丈は本来住職の居間であるが、現在は各種法要、座禅会、説教、や講習会などが行われている。

DSC_8446 (800x533)

DSC_8470 (800x533)

 大方丈より更に道なりに直進すると左側に【舎利殿】がある。第3代将軍実朝(1192~1219)が中国宋より請来した「仏舎利」収めていることから舎利殿の名がついた。舎利殿そのものは重要文化財で立ち入り禁止となっている。遠くから写真を撮るが結果は、よくわからない。

DSC_8450 (800x533)

DSC_8449 (800x533)

 舎利殿から仏日庵に行く途中に【烟足軒】という茶室があるが、ここは川端康成の小説「千羽鶴」の舞台となったところである。また、その茶室の対面には無学和尚が説教をした折にその説教を聞きに鹿がやってきたという、鹿の住処である洞窟があった(少々フィクション臭い)。円覚寺の山号・寺号である瑞鹿山円覚寺興聖禅寺はここから来たそうだ。

DSC_8454 (800x533)

DSC_8453 (800x533)


 円覚寺の参道の一番奥にある塔頭の【黄梅院】は、「山号・寺号」は伝衣山黄梅院。「創建」は文和3年(1354)、「開山」は方外宏遠、「開基」は饗庭氏直、「本尊」は千手観音菩薩である。黄梅院は北条時宗夫人・覚山尼が時宗の菩提のため建立した。境内の老梅が臥龍の様に立ち、老大木にはラン科の石斛が見られた。 山門の額字はチョット読めない。しかし、よく見ると「黄」、「?」、「院」と読める。「?」は「ウメ」の字を「毎」の下に「木」を配しているようだ。梅の字でこんな字があるのかどうかは不明。これも禅宗の問答の一種か。

DSC_8462 (800x533)

DSC_8458 (2) (800x533)

DSC_8456 (800x533)

DSC_8463 (800x533)

 最後に塔頭の【帰源院】に立ち寄る。ここは「創建」は天授4年(1378)、「開山」は傑翁是英、「中興開基」は北条氏康、「本尊」は傑翁是英とのこと。ここは夏目漱石が参禅し逗留したことで有名。夏目漱石は、円覚寺の釈宗円に参禅し帰源院の庫裏に宿泊、小説『門』の中で境内の塾などを描写している。また、梅の香る境内には、現住職の祖父とも親交があり、その縁で昭和37年に漱石の句碑『仏性は白き桔梗にこそあらめ』が建てられていた。

DSC_8483 (800x533)

DSC_8475 (800x533)

DSC_8479 (800x533)

DSC_8477 (800x533)

 漱石の時代の参道は苔むしていた。今は別の参道を使用。
DSC_8485 (533x800)

  通常は帰源院の一般公開はないが、特別にガイド協会の尽力で実現した。今日はこれで大満足の一日。




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Whitedevil

Author:Whitedevil
FC2ブログへようこそ!
2011年秋に完全リタイアー。現在は毎日が日曜日の素浪人。そして地球の何処かを徘徊中。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる