15.12.25江の島界隈

 先日、明治時代のポルトガルの外交官で軍人でもあり、物理学や自然科学に造詣の深かったヴェンセスラオ・デ・モラエスを描いた小説「弧愁」<サウダーデ>(著新田次郎・藤原正彦)を読みちょっと気になったことがあった。

 時代背景は司馬遼太郎の小説「坂の上の雲」と同時期のものである。ポルトガル国は神戸駐在のモラエス領事を明治36年に東京の大使館に呼びよせ、日露戦争開戦の可能性など国際情勢の分析や対応を協議した。そしてモラエスは東京からの帰路、江の島に立ち寄る。江の島には英国の貿易商サムエル・コッキングが当時の金で200万円の巨費を投じて日本初の本格的温室植物園を設けたことが評判になっていた。そこは天水をプールし、ボイラー室で熱湯を沸かしパイプで温室内に導くという近代的なもので、温室内には熱帯植物が茂り、モラエスはその中のユーカリの木を発見し故郷を思い感動したそうだ。モラエスは儲けた金を本国に送らず、日本に植物園と庭園に巨額の費用をかけて還元した英国人に拍手を送りたいと思っただろう。

 今日はこの植物園と温室が今はどうなっているかを確認したく江の島に出かけた。当時の植物園は現在、「サムエル・コッキング苑」として残っている。ただ残念なことに温室の上部は関東大震災ですべて倒壊し、今はボイラー室から温水などを送った施設が遺構として残っているだけだ。勿論、モラエスの感動したユーカリの木はなかった。そのかわりキャプテン・クックが南太平洋で発見した「シマナンヨウスギ」など、コッキングが植えた木が大木となり残っていた。また、苑内には年末なのにチューリップが満開❓。管理している人に尋ねたところ、チューリップの球根を夏場に冷蔵庫に入れておいて、秋に地植えすると、初冬に花が咲くと種明かしされた。

江の島の参道
江の島の参道

サムエル・コッキング苑
サムエルコッキング苑

冬咲きチューリップ
チューリップ1

冬咲きチューリップ
チューリップ2

シマナンヨウスギの説明
ナンヨウスギ

キャプテン・クックが発見しコッキングが植えたナンヨウスギ
ナンヨウスギ説明

展望台とアオノリュウゼツラン
展望台

温室のボイラー遺構
遺構

同じく温室の遺構
遺構2

 余談であるが、モラエスは様々な件で日本とかかわっている。明治25年に発生した「千島艦事件」がそうだ。この事件は濃霧の瀬戸内海で日本海軍がフランスに発注した砲艦千島を回航中に英国商船ラベンナ号と衝突し、沈没した事件。フランスの要請でモラエスは中立の第三者として力学的に英国船の速度と衝突の角度を推計し、意見書としてまとめ提出した。この結果、領事裁判権がないにもかかわらず、いわゆる「千島艦事件」はモラエスの援護射撃というべき意見書で日本側が勝訴した。
 また、明治33年に神戸市が海岸通りをガス灯から電灯に切り替える際、彼は外国人商館や外国公館の代表として神戸市と協議し、風致を害さないため、海岸通りには電柱を立てず埋設配線にすべきと主張。そして海岸通りは日本で初めて埋設配線となった。けだし、卓見である。
 江の島に来たついでであるが、ここには日露戦争勝利の貢献者の一人、児玉源太郎が祀られている「児玉神社」がある。モラエスはマカオとモザンビークの防衛のため、日本から大砲10基を購入しようとして日本国政府と交渉。最終的に陸軍大阪砲兵工廠で協議を行った。その時の日本側責任者は児玉中将であった。これは江の島に児玉神社があったので全くの余談である。

児玉神社鳥居
児玉神社鳥居

児玉神社社殿
社殿

203高地の石で作成した石碑石碑


 

コメントの投稿

非公開コメント

No title

どの記事も、上手いですね。
プロフィール

Whitedevil

Author:Whitedevil
FC2ブログへようこそ!
2011年秋に完全リタイアー。現在は毎日が日曜日の素浪人。そして地球の何処かを徘徊中。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる