19.08.08鎌倉ぼんぼり祭り

 鎌倉の夏の風物詩『ぼんぼり祭り』は、昭和13年(1938)から始まり、今では伝統行事だ。今日は鎌倉ガイド協会井上氏の案内で見学する。そもそもは立秋の前日に行われる鶴岡八幡宮の夏越祭(なごしさい)に合わせてぼんぼり祭りが始まった。昭和17年からは源実朝公誕生日の8月9日に実朝祭が、昭和25年から立秋祭が行われるようになった。現在は鎌倉在住の文化人や各界の著名人が揮毫した書画約400点をぼんぼりに仕立てて境内に並べ、夕刻にはすべてのぼんぼりに巫女の手により蝋燭の灯がともされる。ついでに境内にある『鎌倉文華館・鶴岡ミュージアム』で開催されている特別展(物故者のぼんぼり)を鑑賞する。

 鎌倉駅から鶴岡八幡宮に向かう最初の信号のある二の鳥居から若宮大路(段葛)には、一対の大きな狛犬がにらみを利かせている。この狛犬はコンクリート製だが、日本で最古のコンクリート製の狛犬とガイドブックに載っていた。

DSCN3784 (800x600)

DSCN3783 (800x600)

 段葛を過ぎて一の鳥居を越えると太鼓橋の前にやって来る。その前面にはステンレス製の灯篭がある。あまり気が付かないが、ステンレス製は珍しいと思う。

DSCN3754 (800x600)

 境内には、約400個のぼんぼりが飾られている。印象に残ったぼんぼりは次の通り。(順不同)

DSCN3755 (800x600)

藤沢周
DSCN3759 (600x800)

岡田武史
DSCN3762 (600x800)

竹中直人
DSCN3763 (600x800)

筒香嘉智
DSCN3760 (600x800)

ラミレス
DSCN3761 (600x800)

みのもんた
DSCN3764 (600x800)

中村吉右衛門
DSCN3765 (600x800)

養老孟司
DSCN3766 (600x800)

三木卓
DSCN3767 (600x800)

駐日チュニジア大使 モハメット・エハ―三
DSCN3776 (600x800)

服部公一
DSCN3778 (600x800)

駐日モルドバ大使 ヴァシレ。ブマコフ
DSCN3780 (600x800)

星野知子
DSCN3777 (600x800)

駐日ギリシャ大使 コンスタンチン・カキュシス
DSCN3758 (600x800)

蛭子能収
DSCN3781 (600x800)

宮崎緑
DSCN3782 (600x800)

 境内のぼんぼりを見た後に、『鎌倉文華館・鶴岡ミュージアム』で開催されている特別展(物故者のぼんぼり)を鑑賞する。1938~1955年に展示されたもので、懐かしい人の作品だった。中でも水の江滝子の絵(米兵がジープを疾駆する)をうまいと感じた。田中絹代や高峰三枝子、横山隆一、小津安二郎などの個性を感じた。残念なのは館内撮影禁止。

DSCN3774 (800x600)

DSCN3773 (800x600)

 今日は、6時半にぼんぼりに点灯されるまで、八幡宮にいようと思ったが、流石に熱中症になりそうなので、早々に引き上げた。






コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Whitedevil

Author:Whitedevil
FC2ブログへようこそ!
2011年秋に完全リタイアー。現在は毎日が日曜日の素浪人。そして地球の何処かを徘徊中。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる