19.05.02妙本寺学僧・仙覚

 最近書店に行けば万葉集に関する書籍が平積されている。理由は『令和』の引用元が万葉集であるためだ。たまたまタウン誌で妙本寺と万葉集の関わりが取り上げられていた。

 そもそも万葉集が編纂されたのは今から1200年ほど前。漢字の音を日本語にあてた『万葉仮名』で書かれているため、後の時代の人々は訓点を付けなければ、読むことができなかった。約4500首のうち、鎌倉時代になっても訓点の無かった152首につけたのが、妙本寺を拠点に活動した仙覚という学僧だったそうだ。その生涯については詳しいことは分かっていない。13歳から万葉集研究を始めたらしい。鎌倉幕府第4代将軍頼経の命を受け1246年に訓点をつけ終えた万葉集を献上。現在の研究や出版物のベースになっている『西本願寺本写本』として伝わっている。ただこうした功績を知る人はほとんどいない。今は妙本寺の境内に『万葉集研究碑』がひっそり佇んでいる。

DSCN3584 (800x600)

 妙本寺の開山は日蓮、開祖は比企能本、創建は1160年の由緒ある寺だ。総門を過ぎ、境内に入れば深山幽谷の世界だ。階段を上ると二天門となる。

DSCN3571 (800x600)

DSCN3574 (800x600)

 二天門からはまるで額縁に収められたような祖師堂が見える。

二天門
DSCN3575 (800x600)

祖師堂
DSCN3580 (800x600)

 二天門には持国天と多聞天(毘沙門天)がにらみを利かせている。この仁王の二天に因み二天門と名付けられた。

持国天
DSCN3577 (800x600)

多聞天
DSCN3578 (800x600)

帰路、妙本寺そばの民家のブロック塀には『令和』の落書き?  9歳の作品には見えない。
DSCN3586 (800x600)

自宅近くの竹やぶには筍から成長した竹が姿を見せていた。そのうち、初夏になりそうだ。

DSCN3589 (800x600)

DSCN3588 (600x800)








コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Whitedevil

Author:Whitedevil
FC2ブログへようこそ!
2011年秋に完全リタイアー。現在は毎日が日曜日の素浪人。そして地球の何処かを徘徊中。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる