18.11.29鎌倉やぐら探訪

今日はNPO法人鎌倉ガイド協会のM氏と晩秋の紅葉が映える扇が谷と瓜が谷を巡る。扇ガ谷には約300基のやぐらがあり、瓜が谷には石塔・石仏など装飾性豊かなやぐらがある。まず、北鎌倉駅に集合し、瓜が谷を目指す。折しも絶好の紅葉だ。

DSC_5676 (800x533)

【瓜が谷のやぐら】 北鎌倉の東西に広がる東瓜が谷と西瓜が谷がある。名前はもと円覚寺の正続院領で、瓜園(円覚寺菜園)があったということらしい。また、源頼朝の乳母・比企の禅尼が瓜園を作ったとの伝承もあるらしい。化粧坂に通じる交通の要衝の地でもある。一般には瓜が谷やぐらと言えば東瓜が谷を指し、西瓜が谷(通称十四やぐら)と区別される。

【西瓜が谷やぐら】 別名「十四やぐらら」。森全体が遺跡とみられ、かつては寺院があり、埋蔵品も多いと思われる。十四やぐらは鎌倉時代後期の造立。故人の追善供養のため、初七日から七日毎に五輪塔を造り、後に一周忌などの法要で増築したらしい。中央の大型の塔(四十九日法要)には梵字の一部が残っていた。

DSC_5638 (800x533)

DSC_5641 (800x533)

DSC_5642 (800x533)

DSC_5644 (800x533)

【東瓜が谷】 5穴あり、1号穴は大型やぐら(約20畳)で「地蔵やぐら」とも言われている。壁面彫刻の種類も多く一級のやぐらと評価されているそうだ。

やぐらに行くには獣道のような道を歩く
DSC_5645 (800x533)

突然斜面にぽっかりと穴が開いている
DSC_5646 (800x533)

穴(やぐら)は20畳ほどの広さで中には地蔵菩薩像がある。このやぐらの先の葛原が岡付近は、鎌倉時代は刑場があったらしい。このやぐらの山稜部では、荼毘所の跡が発掘されている。壁面には龕と納骨穴がある。

DSC_5647 (800x533)

DSC_5648 (800x533)

DSC_5650 (800x533)

DSC_5651 (800x533)

瓜が谷の見学を終え、それ以外のやぐら等を探訪へ。

【葛原岡神社】創建明治20年(1888)  祭神:日野俊基 俊基は後醍醐天皇を助けて鎌倉幕府を倒そうと企てた公家の一人。このことが事前に漏れ囚われたが、再びチャレンジし、再度捕まり、この葛原が岡で処刑された。死に際し「あきをまたで葛原岡に消ゆる身の露の恨みや世に残るらん」という悔しさありありの辞世の句を残している。創建当時を考えると天皇の神格化を意図したものだろう。

DSC_5663 (800x533)

DSC_5669 (800x533)

境内には十月桜が満開   
DSC_5666 (800x533)

日野俊基の墓
DSC_5672 (800x533)
 
葛原岡神社の近くにある錢洗弁財天に立ち寄る。

【銭洗弁財天宇賀福神社】 祭神:本社→市杵島姫命 奥宮→弁財天 頼朝が夢のお告げで西北の谷に泉を見つけ岩窟を掘らせ、宇賀福神を祀り、その水を使って神仏の供養を行った。
その後、五代執権北条時頼が、頼朝の信仰を受け継ぎ、「辛巳」「なる」「かねの日」がすべての人々に福徳をもたらすというとした。以来銭洗水は鎌倉五水の一つとして天下に聞こえ参拝者が絶えることがなくなったそうだ。
宇賀福神社は、修学旅行生や遠足の児童生徒が大勢押しかけてにぎやかになっている。神社に入るには道路沿いから隧道を通り抜け、境内に至るが、道路ができる前は山の斜面であったと思われる。なぜなら隧道の上にやぐらが存在している。道路ができている現在では道路からやぐらまで7~8mの高さがあり、今は供え物を置くのは不可能だ。

境内に至る隧道
DSC_5678 (533x800)

隧道上にやぐらがある
DSC_5677 (800x533)

DSC_5679 (533x800)

DSC_5681 (800x533)

洞窟内は紙幣やコインを洗う人で満員
DSC_5683 (800x533)

境内にある滝 
DSC_5685 (800x533)

元々、弁財天は蛇が神のお使いをするということで、弁天さんの石像の下半身は蛇の姿だ。また、洞窟内の神様を祀った祠の隣には籠が置いてある。お賽銭を入れるものでなく、蛇の好物である卵を入れる籠だそうだ。あまり知れ渡っていないのか、卵のお供えはなかった。

DSC_5686 (800x533)

DSC_5684 (800x533)

【源氏山】 銭洗弁天から近くの源氏山に向かい。昼食(と言ってもコンビニのおにぎり)を食べる。標高は92mの低い山。源氏山公園には源頼朝像がある。彼の肖像画や木像はいろいろあるようだが、多分、彼の30歳くらいの銅像だ。公園の周りの紅葉は今が見ごろ。

DSC_5688 (800x533)

DSC_5690 (533x800)

【化粧坂】 北鎌倉からの通常のハイキングコースは化粧坂を登って源氏山に至るが、その逆で化粧坂を下り、海蔵寺を目指す。
化粧坂の由来は平家の大将の首をここで化粧し、首実検をしたという。また、一説にはこの化粧坂は交通の要衝の地であり、化粧を施した女性を抱えた店が多くあったとか。更に、木が勢い良く茂っていたので木生え(きはえ)と言われていたからだ言う説もある。

DSC_5660 (800x533)

DSC_5662 (800x533)

【景清の牢】 化粧坂から海蔵寺に向かう山道の途中に景清の牢というやぐらがあった。屋島や壇ノ浦で勇ましく戦った平家の侍大将で、生き残り、ここに押し込められていたと伝えられている。後で知ったのだが、景清の物語は歌舞伎や文楽でも有名とのこと。

DSC_5692 (533x800)

【海蔵寺】 寺の由緒書きには 山号寺号:扇谷山海蔵寺 宗派:臨済宗建長寺派 創建:応永元年(1394)  開山:心照空外(源翁禅師) 開基:上杉氏 となっていた。 
余談だが、心照空外(源翁禅師)は「九尾の妖狐伝説」で、岩に化けた狐を倒すため、金槌で岩を砕いて倒したという僧侶。確か那須で「殺生石」の伝説がある。この僧の名が源翁で金槌のことを別名「げんのう」というようになったといわれている。一つ賢くなった。
元は建長5年(1253年)に宗尊親王の命により藤原仲能が伽藍を再建したらしいが、1333年鎌倉幕府滅亡の時に全焼したそうだ。仏殿には本尊の薬師三尊を始め、十二神将や開山像などが安置されている。庭園は建物内から拝見すると禅宗様式で非常に美しいと感じる。

山門の手前には「底抜けの井」がある
DSC_5693 (800x533)

DSC_5694 (800x533)

薬師三蔵像
DSC_5696 (800x533)

境内のやぐらの中には墓石がある
DSC_5700 (800x533)

庭園よく手入れされ美しい。
DSC_5702 (800x533)

DSC_5712 (800x533)

境内の裏には鎌倉十井の「十六の井戸」がやぐらの中にある。今も滾々と湧き出ている。
DSC_5716 (800x533)

DSC_5714 (800x533)

【浄光明寺】 海蔵寺から浄光明寺に向かう。浄光明寺は閑静な住宅地にあり、その先は行き止まりであった。
由緒書きによると 宗派:真言宗泉涌寺派 山号寺号:泉谷山浄光明寺 創建:建長3年(1251) 開山:真阿(真聖国師) 開基:北条長時 とある。
北条氏の帰依が篤く、また鎌倉公方の保護を受けた。本尊の阿弥陀三尊は国宝である。寺の裏山には歌人藤原定家の孫で、歌道の名門冷泉家の始祖為相の墓があった。 

DSC_5724 (533x800)

DSC_5725 (800x533)

DSC_5726 (800x533)

DSC_5727 (800x533)

阿弥陀三尊像 
DSC_5729 (800x533)

地蔵菩薩像(矢拾地蔵)
DSC_5730 (800x533)

境内には多くのやぐらがあり今も墓所である。
DSC_5733 (800x533)

DSC_5739 (800x533)

網引き地蔵は境内のやぐらの中にある。地蔵には正和二年(1313)と刻まれている。昔、由比ガ浜で漁師の網にかかって引き上げられたため「網引き地蔵」と呼ばれている。同様に「網引き地蔵」と呼ばれるものが材木座に光明寺にもあった。

DSC_5735 (800x533)

DSC_5737 (800x533)

冷泉為相の墓
DSC_5738 (800x533)

DSC_5740 (533x800)

浄光明寺の墓地は『東林寺跡やぐら」と呼ばれ創建・廃絶などは不明だが、今は檀家の一般墓地となっている。それらの中には「船底形天井やぐら」(切妻づくりの屋根で、奥壁に柱の跡や梁を渡した穴がある)やアパート式やぐらというべき一階と二階が数個の龕に分かれているものがある。

船底形天井やぐら
DSC_5717 (800x533)

DSC_5718 (800x533)

アパート式やぐら
DSC_5719 (800x533)

DSC_5721 (800x533)

今日は天気にも恵まれたので気持ちがいい。テーマ通り、『やぐら』をキーに北鎌倉からハイキング。満足できる1日であった。それにしても歩数計を確認すると2万歩を優に超えている。ア~、くたびれた。








コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Whitedevil

Author:Whitedevil
FC2ブログへようこそ!
2011年秋に完全リタイアー。現在は毎日が日曜日の素浪人。そして地球の何処かを徘徊中。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる