15.12.14北鎌倉界隈

 今年はエルニーニョの関係で例年より暖かく暖冬である。とはいうものの、そろそろ紅葉も見収め思いき鎌倉界隈に出かける。

【円覚寺】・・・山門に登る石段の前を横須賀線が走る。明治22年に横須賀線を開通させるため寺領の一部を提供したそうだ。鎌倉五山の第二位。総門の前は、春は桜、秋は紅葉で写真スポット、カメラ小僧(老人)がいつもいる。明治時代は夏目漱石がしばしば参禅したそうだ。国宝の洪鐘は境内東側の階段を登り小高い丘の弁天堂の傍にある。ここに茶店があり、夏はわらびもち、冬は草団子などが食べることができたが、今は耐震工事のため来年の4月まで休業中。

円覚寺の総門前を走る横須賀線
円覚寺1

円覚寺の総門に至る階段
円覚寺2

円覚寺の国宝<洪鐘>
円覚寺鐘楼

円覚寺総門から見た下界風景
円覚寺総門から眺め

【東慶寺】・・・昔から有名な「駆け込み寺」。明治時代までは尼寺であったが、今は男性の住職。境内の中には歴代の尼さんの墓地がある。また、よく見ると、禅を西洋に紹介した鈴木大拙、作家の小林秀夫、哲学者の和辻哲郎、日本画家の前田青頓の墓や筆塚などがある。

東慶寺山門
東慶寺山門

東慶寺本堂
東慶寺本堂

東慶寺代代の住職の墓東慶寺代々の住職の墓

【浄智寺】・・・こちらも鎌倉五山の第四位。階段を登ってゆくと、あまり大きくない山門がある。この山門の二階が鐘楼であり、非常に珍しいと思う。

浄智寺総門
浄智寺の総門

浄智寺山門 二階が鐘楼になっている
浄智寺山門

【長寿寺】・・・建長寺の境外塔頭寺院であり、非公開である。石段を登ると茅葺の山門があり、清爽な雰囲気が漂う。こっそり境内の写真を撮る。一般公開される時期があるので一度その時に訪れたいと思う。

長壽寺の山門長壽寺の山門

長壽寺の境内
長壽境内

 今日は四つの寺を巡ったが、全て階段を登って山門をくぐる形式である。谷戸に沿ってお寺が造られ、その谷の道が街道として発達したようだ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Whitedevil

Author:Whitedevil
FC2ブログへようこそ!
2011年秋に完全リタイアー。現在は毎日が日曜日の素浪人。そして地球の何処かを徘徊中。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる