17.11.24円覚寺、東慶寺、浄智寺

 昨日の雨も上がり、天気が回復してきた。紅葉を求めて、久しぶりに北鎌倉に出かける。

 円覚寺に着いたのが、9時ごろであった。さすがに観光客が多く、チョットうんざりだ。
DSC_1285 (800x533)

 山門はさすが鎌倉五山の第二位の風格がある。
DSC_1289 (800x533)

DSC_1290 (800x533)

 境内のモミジは今が紅葉真っ盛り。ただ、寒暖差さがないので京都のモミジのように真っ赤に色づくことはない。
DSC_1292 (533x800)

DSC_1293 (800x533)

DSC_1296 (800x533)

 方丈の庭園
DSC_1295 (800x533)

 円覚寺の門前は横須賀線の北鎌倉駅前にあるため、大勢の観光客でにぎわっている。
DSC_1311 (800x533)

 門前を通過するJR横須賀線。
DSC_1313 (800x533)


 円覚寺から鎌倉街道を5,分ほど歩けば、駆け込み寺の東慶寺がある。井上ひさし著の『東慶寺花だより』でも有名。明治時代に家庭裁判所ができたため。離婚に際して、女性が駆け込む必要がなくなったということで、尼寺でなくなり、その後は男性が住職についている。
DSC_1319 (533x800)

 参道を通ると茅葺の三門がある。尼寺であったため、なんとなく優しい感じがする。
DSC_1320 (800x533)

  境内には大仏(小仏?) がある。DSC_1329 (533x800)

  茶室なのか、いつ行っても門が開いているのを見たことがない。
DSC_1323 (800x533)

 東慶寺本堂にある釈迦像。
DSC_1325 (800x533)

 本堂の隣にある宝蔵館は展示物の入れ替えでクローズ中。この中には江戸時代書かれた『三行半」の実物など展示されており、興味があったが残念。ただ、阿弥陀如来像はそのまま展示されていた。
DSC_1332 (800x533)

  宝蔵館内にある阿弥陀如来像。
DSC_1331 (533x800)


 東慶寺からさらに鎌倉街道を5分ほどゆくと鎌倉五山第四位の浄智寺がある。住宅の間にあるお寺だが、参道を100歩も歩くと、風景は一変する。門前の湧水は鎌倉十井の一つ『甘露の井』である。
DSC_1333 (533x800)

DSC_1335 (800x533)

 山門を抜けると鐘楼門がある。鐘楼が山門の上にある珍しい門だ。
DSC_1337 (533x800)

 境内は意外と広い。
DSC_1336 (800x533)

 境内の竹林の中にも小さな供養碑がある。
DSC_1339 (800x533)

 同じく境内のやぐらには様々な供養塔や仏像がある。
DSC_1340 (800x533)

DSC_1342 (533x800)

 鎌倉七福神の布袋像。よそで見る布袋像とは少し違うような気がする。
DSC_1344 (800x533)


 久しぶりに北鎌倉に出かけたが、観光シーズン真っ最中のため、人が多く少々うんざり。帰路は鎌倉山から富士山が望めた。富士山が見えると何か得をしたような感じがする。富士山もしばらく見ないうちに随分麓まで冠雪していた。
DSC_1284 (800x533)






コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Whitedevil

Author:Whitedevil
FC2ブログへようこそ!
2011年秋に完全リタイアー。現在は毎日が日曜日の素浪人。そして地球の何処かを徘徊中。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる