15.12.05腰越j満福寺

 朝から天気が良いので、鎌倉山から七里ヶ浜経由、腰越の満福寺に出かける。昨日の暴風のためか七里ヶ浜はサーファーで大賑わい。
七里ヶ浜

サーファー

 腰越の満福寺は山門に上がる階段の目の前2mを江ノ電が通り過ぎる。満福寺略縁起によれば古義真言宗大覚寺派の寺で正式名は龍護山医生院満福寺というそうだ。寺伝によると東国の疫病が蔓延した際、聖武天皇(724~49)が行基に病気平癒を命じた。行基が仏像を彫り、祈りを捧げると流行病がぴたりと平癒したという。行基はこの地に病気平癒祈願の寺を建立、これが満福寺の起こりだ。
万福寺
江ノ電が門前を走り去る

満福寺入り口

 一方、この寺は義経悲劇のスタート地としても有名だ。1184年に兄源範頼とともに木曽義仲を討ち、入洛し、次いで一の谷で平家を破った。帰洛後、洛中の警備にあたり、後白河法皇の信任を得、頼朝の許可を得ず検非違使・左衛門少尉となったため頼朝の怒りをかった。頼朝にすれば、頑張って鎌倉で旗揚げしたのに、後白河法皇の下につく、義経の政治的未熟さが許せなかったのだろう。
 しかし、捕虜となった平宗盛らをともなって鎌倉に凱旋してきた義経は、兄頼朝から鎌倉入りを禁じられ、義経は無念の日をここ満福寺に逗留。頼朝の怒りを解くべく幕府公文書別当の大江広元に嘆願書を出した。これが「腰越状」といわれている。
 実物大の腰越状の版木が現存し寺内で展示されている。また、鎌倉彫の技法を取り入れた漆画で表現された襖絵には静御前との別離など義経の生涯が描かれていた。境内には弁慶が、腰越状の筆をとるのに水を汲んだとされる硯の池、弁慶の腰かけ石、義経公手洗いの井戸もある。
義経・弁慶象
境内には義経と弁慶の石像がある

襖絵
襖絵・弁慶最後の図

襖絵2
襖絵・安宅の関の図

襖絵3
襖絵・腰越状  なぜかグランドピアノがある。多分、賛仏歌の演奏用か

 お寺の裏山は霊園となっており、一番高いところに登れば江の島や富士山が望見できる。しかし、霊園の販売の事務所などがあり、折角の歴史遺産が艶消しの感じがした。
トンネル
裏山の霊園に至るトンネル

霊園からの眺め
霊園からの眺め

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Whitedevil

Author:Whitedevil
FC2ブログへようこそ!
2011年秋に完全リタイアー。現在は毎日が日曜日の素浪人。そして地球の何処かを徘徊中。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる