17.07.22光明寺観蓮会

22日、23日は材木座の光明寺で観蓮会が開催されるというので早朝に出かけてみる。
DSCN2420 (800x600)

道中、常盤の八雲神社は夏祭り中だが、早朝のため人の気配はない。
DSCN2411 (800x600)

DSCN2412 (800x600)

常盤から長谷に抜ける大仏トンネルは排ガスで汚れた壁面のタイルに布か何かでこすった落書きがあった。ペンキではないので拭けば綺麗になる。この程度の落書きなら許せるか。
DSCN2413 (800x600)

DSCN2414 (800x600)

光明寺のある材木座付近の寺は総じて小刹だが、光明寺は大きな敷地に立派な建物をもつ浄土宗の関東本山である。総門をくぐると巨大な三門が見える。その先は大殿である。

総門の向こうには三門が
DSCN2415 (800x600)

鎌倉の寺院では最大の三門(高さ約20m)
DSCN2418 (800x600)

山門をくぐると広々とした境内の正面には大殿(本堂、国の重文)がある。元禄11年(1698)建立。鎌倉で現存する木造の古建築物では最大である。

大殿は風格がある
DSCN2419 (800x600)

大殿から三門を見る
DSCN2422 (800x600)

いよいよ蓮の花だが、大殿に向かって左側に『記主庭園』があり、その庭園に蓮池がある。
DSCN2430 (800x600)

花はピンク色が多い
DSCN2427 (800x600)

DSCN2428 (800x600)

DSCN2429 (800x600)

蕾に「シオカラトンボ」が止まっている
DSCN2436 (800x600)

23日には、蓮の花咲く記主庭園で演奏会や朗読会を楽しむイベント「浄土蓮想」が催され、夕暮れ頃には参道の提灯に明かりが灯されて「献燈会法要」が執り行われるそうだ。また「象鼻杯」という、蓮の葉から酒や茶を注ぎ、茎の切り口から飲むというイベントも。

境内には『延命地蔵』と『網引地蔵』が祀られている。延命地蔵はいろんなお寺にあるが、網引地蔵は鎌倉屈指の石仏で、漁師の網に懸かり海から引き上げられたとの伝承から網引地蔵と呼ばれているそうだ。
DSCN2442 (800x600)

網引地蔵前には『地平はるかに』という石碑がある。これは大連高等商業学校の星が浦会の慰霊碑だ。大連という文字を見るとすぐに反応してしまう。
DSCN2438 (600x800)

境内の裏にある天照山に登ってみるが、今の季節は水蒸気が多く富士山は見えず、木立の間からは相模湾が見えるだけ。 
DSCN2439 (800x600)

天気が良ければ富士山が見えるはずだが
DSCN2440 (800x600)

光明寺を出るとすぐ材木座海岸に出る。ここからは逗子マリーナがすぐそばだ。

材木座海岸は早朝のため海水浴客が少ない
DSCN2446 (800x600)

奥に見えるのは逗子マリーナ
DSCN2449 (800x600)

梅雨明け後の今頃が一年で一番暑い季節だ。日本各地で花火大会や夏まつりが開催されるのも暑さを吹き飛ばそうという気持ちの表れか。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Whitedevil

Author:Whitedevil
FC2ブログへようこそ!
2011年秋に完全リタイアー。現在は毎日が日曜日の素浪人。そして地球の何処かを徘徊中。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる