15.11.28チョット知的な散歩

 いつもは公開されていない「吉屋信子記念館」が公開されるというので、出かけてみる。
吉屋信子は約120年前の明治29年(1896)生まれで、昭和48年(1973)に結腸癌により77歳で没。作品には「徳川の婦人たち」や「女人平家」などが有名であるが、1920年に「屋根裏の二處女」を著し自らの同性愛体験を明かしている。1928年(昭和3年)、満州、ソ連経由でヨーロッパに渡り、1年近くパリに滞在した後、アメリカを経由して帰国。太平洋戦争開戦直前には、特派員として蘭印(インドネシア)、仏印(ベトナムなど)も訪問している。彼女の様な行動力ある女性には、現在ではあまり驚かないが、70~90年以上前の時代では、とんでもない女性であったと思う。
 この記念館は「自分の得たものは社会に還元し、住居は記念館のような形で残してほしい」という遺志で鎌倉市に寄贈されたそうだ。長谷の少し奥まったところに位置し、近くには鎌倉文学館(旧前田侯爵邸)や川端康成邸などがある。説明書には土地は1877㎡、建物は207㎡とある。建物は数寄屋造りで書斎は生前使用していたと思われる大きな机があり、シンプルな感じがした。

記念館玄関
吉屋信子記念館玄関

玄関から庭を望む
玄関から庭を望む

記念館
記念館全貌

記念館庭園
日当たりの良い庭園

和室
和室には本の挿絵を使った屏風がある

書斎
書斎は非常にシンプル

 近くの鎌倉文学館では「鎌倉文士・前夜とその時代」というテーマで展示されていた。庭園のバラ園は秋咲きのバラはほとんど終わり、「宴」という品種がかろうじて咲いていた。また、庭園の隅には木立が3~4mで直径20cmほどの「皇帝ダリア」が満開であった。最近は住宅地でも、よくこの花を見かける。

文学館アプローチ
鎌倉文学館に続くアプローチ。散歩するにも気持ちがいい。

文学館
鎌倉文学館(旧前田侯爵邸)

宴
バラ園の「宴」

皇帝ダリア
バラ園の隅にさいている「皇帝ダリア」

 文学館のすぐそばにある甘縄神社に立ち寄る。ここは、和銅3年(710)行基が草創し、豪族・染谷時忠が創建した鎌倉最古ともいわれる由緒ある神社。源氏と縁が深く、源頼朝が社殿を修理したと「吾妻鏡」は伝えている。本殿近くからは材木座海岸を望見できる。

甘縄神社
甘縄神社

本殿
甘縄神社本殿

材木座海岸
甘縄神社から材木座海岸を望む

 そして甘縄神社の階段手前にある川端康成邸は親族の方が住まわれているのか、表札はかすかに「川端」と読めるが、あくまでも個人の住宅なので立ち入ることはできない。ガイドブック等にも記載されていない。

川端康成邸
川端康成邸

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Whitedevil

Author:Whitedevil
FC2ブログへようこそ!
2011年秋に完全リタイアー。現在は毎日が日曜日の素浪人。そして地球の何処かを徘徊中。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる