17.05.11鎌倉文学館バラまつり

 昨日から鎌倉文学館でバラまつりが開催されている。とりあえず出かけてみる。いつもの事だが、せっかちな性格のためか、フライング気味だった。バラは全体として2~3分咲という感じ。とりあえず開花しているバラの写真を撮る。

カトリーヌ・ドヌーブ(フランス)
DSC_6719 (800x533)

ロイヤル・ハイネス(フランス)
DSC_6729 (800x533)

うらら(日本京成)
DSC_6737 (800x533)

パラダイス(鎌倉シルバーセンター)
DSC_6731 (800x533)

カルメン(ベルギー)
DSC_6762 (800x533)

桃扇(日本京成)
DSC_6760 (800x533)

荒城の月(日本伊丹)
DSC_6756 (800x533)

アンクル・ウオルタ―(イギリス)
DSC_6765 (800x533)

カーディナル(ドイツ)
DSC_6744 (800x533)


 鎌倉文学館では4月22日~7月9日まで『漱石からの手紙 漱石への手紙』という内容で展示されていた。その中で、漱石から娘達にあてた絵葉書が展示されていたが、非常に丁寧な言葉遣いに驚いた。例えば、次女の『つね子御前のところゑはがきが来たから届けて上げる御友達へ御返事を御あげなさい 父より』と。三女の栄子さんには『えい子さん御きげんはいかゞですか私はかわりもありません』と鶏の絵ハガキを、四女の愛子さんには『あい子さんおにのゑはがきをかって上げようとおもったらあいにくありませんからがまの御夫婦を御目にかけます』と書き送っていた。父から娘へのおもいがのせられた絵葉書で日頃、家の中で丁寧な言葉の会話が交わされていたのだろうと思った。

 漱石に関する資料は豊富で見ごたえがある。5mもあると思える巻紙に書き損じが一つもなく書かれた手紙は達筆過ぎて判読不能であった。昔の人は達筆でよく葉書きや手紙をマメに書いたと感心させられる。下手くそな文字で誤字脱字が多い自分は、今はメールやラインがあるので非常に助かる。

文学館までの道はなかなか趣がある
DSC_6710 (800x533)

文学館の敷地内もこのようなトンネルがある
DSC_6713 (800x533)

文学館の建屋全貌
DSC_6773 (800x533)

『漱石からの手紙 漱石への手紙』展のポスター
DSC_6712 (800x533)

 今日は柄にもなく、久しぶりにアカデミックで有意義な一日であった。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Whitedevil

Author:Whitedevil
FC2ブログへようこそ!
2011年秋に完全リタイアー。現在は毎日が日曜日の素浪人。そして地球の何処かを徘徊中。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる