17.05.03鎌倉のツツジ鑑賞

 9日前の4月24日にツツジを求め鎌倉を散歩したが、残念ながらチラホラ咲きであった。今日はリベンジで再度挑戦。まず、高徳院(大仏)に出かけるが大仏とツツジを同時に写真に収めるのは難しい。高徳院の境内の裏に『観月堂』という小ぶりな建物があるが、もとは朝鮮のソウルの王宮にあったものを1924年に移築したそうだ。それなりの手続きをしたと思うが、韓国の反日勢力から略奪をされたと言いがかりをつけられそうだ。

 ツツジ越しの大仏の撮影は難しい。
DSC_6672 (800x533)

 高徳院の山門。
DSC_6671 (800x533)

 観月堂の建物でこの中に観音菩薩像がある。 
DSC_6674 (800x533)

 『観月堂』の由来書。
DSC_6673 (800x533)

 リベンジの安養院のツツジは、まだ咲き始めの様な感じだ。
DSC_6679 (800x533)

DSC_6681 (800x533)

DSC_6680 (533x800)

 安養院の境内には北条政子の墓がある。然し、鎌倉には政子の墓は至る所にある。遺族は墓参りが大変だ。
DSC_6684 (800x533)
 
 政子の墓の隣は鎌倉時代の宝篋印塔がある。
DSC_6685 (800x533)

 安養院から5分程度のところに日蓮上人が伊豆に流されて後に許されて草庵を結んだ地とされる『安国論寺』がある。なかなかとっつきにくそうな感じのお寺である。しかし門前はツツジが美しく咲いていた。
DSC_6689 (800x533)

DSC_6687 (800x533)

 安国論寺から鎌倉市の端に位置する『光明寺』まで足を延ばす。ここは浄土宗の本山で、1243年創建といわれる、古刹である。三門は高さ20mの壮大なものだ。また、大殿(本堂で国の重要文化財)も自由に登れ、庶民的な感じがする。 

 総門から三門を見る。
DSC_6690 (800x533)

 壮大な三門。
DSC_6691 (800x533)

 大殿(本堂で国の重要文化財)
DSC_6692 (800x533)

 大殿に登り廊下伝いに行くと小堀遠州の流れをくむといわれる『記主庭園』があり、7月には蓮の花が咲き有名だ。
DSC_6693 (800x533)

 光明寺の裏山に登ると木の葉の間から材木座海岸が見渡せる。今日は花曇りだが、富士山もうっすら眺めることができた。
DSC_6699 (800x533)

 境内の石碑を見ると『大連高等商業学校』という石碑があった。「星浦会慰霊の碑」とあり、大連を懐かしく感じた。旧制旅順高等学校は寮歌の『北帰行』が有名だが、大連高等商業学校の名を見たのは初めてだった。
DSC_6702 (533x800)

 また、建立間もない感じの『高倉健』の碑もあり少々驚く。以前はこの碑はなかったと思うが。
DSC_6703 (533x800)

DSC_6704 (800x533)

 帰路、いつもの竹林のそばを通ると、この間までは筍であったものが、竹になっていた。また、住宅の垣根越しに見る白い藤の花やモミジの新緑に映え真っ赤な新芽が美しい。これからもうすぐ初夏になる。
DSC_6709 (800x533)

DSC_6707 (533x800)

DSC_6670 (800x533)

DSC_6669 (800x533)







コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Whitedevil

Author:Whitedevil
FC2ブログへようこそ!
2011年秋に完全リタイアー。現在は毎日が日曜日の素浪人。そして地球の何処かを徘徊中。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる