17.04.24鎌倉大町界隈

 今日は天気もよいので、少し遠出の散歩に出かける。鎌倉はすでに桜は散っているが、八重桜が少し残っている程度だ。そろそろツツジか藤の花かと思って出かけたが、やはり2~3分先程度だ。ゴールデンウイークのころが見ごろだろう。いつもの事だが、フラィイングというか、オフサイド気味だ。

 鎌倉のお寺では『安養院』がツツジの名所として有名だ。ここは北条政子が頼朝の菩提を弔うために1225年律宗寺院として開いたといわれている。

 『安養院』は坂東三十三か所の一つであり、本堂には千手観音が有名。
DSCN2043 (800x600)

DSCN2044 (800x600)

鎌倉で最も古い1308年の宝篋印塔
DSCN2047 (600x800)

境内にある樹齢700年の槇の木
DSCN2052 (800x600)


安養院の道を隔てた向かいには、いかにも庶民の信仰を集めているお寺というべき日蓮宗の『上行寺』がある。鎌倉には珍しく、何でもありのお寺で、手作りの看板や貼札の多いにぎやかなお寺だ。それは境内の西門に鎮座する瘡守稲荷神社のもので、当社はガン除けに効験があるという。しかし、上行寺の歴史は古く1313年の創建だ。ここは観光客でなく、地元の老人が訪れるようで、信仰とは何かと考えさせられる。

DSCN2067 (800x600)

上行寺山門 
DSCN2056 (800x600)

本堂
DSCN2057 (800x600)

瘡守稲荷神社 
DSCN2059 (800x600)

すべて手作りの様な看板
DSCN2060 (800x600)

 安養院の裏に当たるところに、ひっそりと目立たない『別願寺』がある。1282年創建で歴史は古い。しかし、建物は普通の家の様な寺だ。ただ、境内にある供養塔が、珍しい様式として学者が訪れるそうだ。

DSCN2065 (800x600)

DSCN2062 (600x800)

 別願寺から北西に行くと『常栄寺』がある。ここは常栄寺というより「ぼたもち寺」の名前の方が有名だ。日蓮上人が1271年に罪人として裸馬に乗せられ市中を引き廻されていた時、有髪の尼が日蓮に胡麻のぼた餅を捧げたという言い伝えによる。

山門には「ぼたもち寺」の下に『常栄寺』と記載されている
DSCN2070 (800x600)

境内も「牡丹餅寺」の提灯
DSCN2074 (800x600)

 常栄寺から5分程度で『妙本寺』につく。総門の横は幼稚園があり、ほほえましい感じがする。総門をくぐると次第に樹木が濃密になってくる。そして二天門に至る。そしてこの二天門の先に立派な祖師堂がある。ここはいつ来ても圧倒される。夏はノウゼンカズラが有名だ。鎌倉駅から10分程度の場所なのに深山幽谷の雰囲気がある。観光客も少なくお気に入りの場所の一つだ。

二天門 
DSCN2075 (800x600)

祖師堂
DSCN2076 (800x600)

閑散とした境内
DSCN2080 (800x600)

 今日は折角のツツジが咲いておらず、5月に入ってからにもう一度訪れようと思った。きっとその頃は藤の花も綺麗だろう。



コメントの投稿

非公開コメント

No title

早いもんですね。同院を案内して頂き、一年が経とうとしてますね。
プロフィール

Whitedevil

Author:Whitedevil
FC2ブログへようこそ!
2011年秋に完全リタイアー。現在は毎日が日曜日の素浪人。そして地球の何処かを徘徊中。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる