17.02.14片瀬山の河津桜

 久しぶりに片瀬山方面を散歩する。湘南モノレールの片瀬山駅のそばに河津桜が2本あり、今は満開である。テレビのニュースを見ていると日本海側の地域は記録的な大雪とのこと。まるで別世界の感だ。
 河津桜は染井吉野と比べ赤っぽいのでチョット品がない感じだ。しかし、少々の雨や風では散らない。日本人の美学にピッタリの染井吉野の儚さと比べれば、むしろ日本人に必要とされる「しぶとさ」を感じる。

河津桜のすぐそばをモノレールが走る
2

桜の枝をよく見ると(少々観づらいが)鶯ではないが、メジロを見つけた
1


4

帰路、家の近くの歩道そばの空き地には菜の花が満開
5



17.02.14片瀬山の河津桜

 今日の散歩は片瀬山に出かける。湘南モノレールの片瀬山駅のそばには河津桜か2本あり、今が満開。ソメイヨシノと比べると赤っぽい色でチョット品がない感じ。ただ、ソメイヨシノの儚さと比べると少々の風や雨では散ってしまわないしぶとさをを感じる。
 テレビのニュースを見ていると日本海側は記録的な大雪とか、湘南は待ちに待った春がやってきたようだ。

桜の木のそばをも乗れ―するが走る
2

17.02.07百八やぐら

 今日は鎌倉ガイド協会の三浦氏と『百八やぐら群』~『十王岩』~『朱だるきやぐら群』~『建長寺回春院』を巡る。行程は結構。山の中の足場の悪い獣道の様なハイキングコースを通りながらレクチャーしていただく。
 そもそも『やぐら』とは山腹の崖面を四角にくり貫いて造った穴で、埋葬納骨を行う墳墓窟と供養の場所として仏殿の両機能を備えた空間だ。因みに鎌倉市内で発見されたやぐらの総数は1191個ある。所在地別(寺院址、武家居址、切通周辺等)に分けると、寺院に伴うものは約77%を占める。

一般的なやぐら
1

【百八やぐら】・・・二階堂覚園寺裏山一帯に存在する大やぐら群。現在は177穴で鎌倉の殆どの類型がここで見られる。百八はあくまでも象徴的な数。第60号穴の「団子窟」はもっとも標準に近いもので、前室、羨道、玄室に低段が残っている。中央に深い穴(130㎝)があり、その奥に等身大の地蔵菩薩(年代不詳)が安置されている。

2

 第21号穴は「梵字阿弥陀三尊窟」といわれ、奥壁中央の月輪内に阿弥陀三尊の梵字がある。右の五輪塔は火輪の丈が短く横に張った形で異様だが、古い形式とのこと。

3

4

5

 第5号穴の「筥窟」は中央に龕があり、中に火葬骨が埋められていたそうだ。直径50㎝の月輪中に梵字が刻まれている。天井には釈迦如来の梵字がある。

6

7

 第38号穴の「十三五輪窟」は奥壁に5基、右壁に4基の五輪塔がある。左側は奥の1基を残し崩壊している。本来は13基あったそうで十三仏信仰との関連があるのだろう。何れの五輪塔も浮彫り形式。

8

 第29号穴の「板塔婆五輪窟」は厚肉彫の板塔婆形式の彫刻で、奥壁に2基、右側に2基、左側に1基あり、右奥には納骨穴が不あった。

9

【十王岩】・・・風化による摩耗が著しく形を充分に判別できないが、三体の浮彫の仏像らしきものが認められる。王冠を被った閻魔大王は、冥府で亡者を裁く十王の代表格で岩塊が十王岩と呼ばれる由縁だ。この辺りは処刑場のあった地獄谷の背後に当たる山でもある。

10

【朱だるきやぐら群】・・・建長寺奥の回春院の裏谷の最奥にあり、20穴からなるやぐら群である。中心に位置する朱だるきやぐらは、その名が示す通り天井全体に奥から入り口に向かってベンガラ塗りの平行線が描かれている。これは軒の傾斜を模したものであろう。仏殿などに見るベンガラ塗りの垂木を表現したものといわれている。

11

12

【回春院】・・・臨済宗建長寺の塔頭。山号は幽谷山。創建当時は現在地より北西にあったそうだ。本尊は文殊菩薩像。他に開山像、韋駄天像がある。本堂前の大覚池は昔より、建長寺の貯水池として利用されてきた。現在より数倍大きかったといわれている。そしてそこには大亀が住んでいたと記されている。余談であるが、建長寺近くにある「亀ヶ谷切通」の坂は亀が急坂なのでひっくり返ったとの伝説による。この塔頭の墓地には葛西善三、五味康佑や大島渚の墓がある。また、庭には立派な多羅葉の木があった。この木の葉は肉厚で20㎝ほどもある長楕円形をしており、その縁は鋸のように細かいぎざぎざとなっている。 戦国時代にこの葉の裏に文字を書いて情報のやりとりをしたという。『はがき』の元祖でもある。

回春院塔頭と大覚池
13

はがきの元祖となった多羅葉の木
14

チョット大島渚のお墓を見学
15

16

「深海に生きる漁族のように自ら燃えなければどこにも光はない」と書いてあった。
17

 行程は「天園ハイキングコース」の一部を通る。このハイキングコースを通って建長寺に入れば入館料300円を払わず出口に行ける。小生はそんな悪いことはしない。もともと鎌倉市の住民で前期高齢者は無料である。

18

19

20

建長寺の半僧坊からは相模湾と若宮大路が見渡せた
DSCN1933 (800x600)






プロフィール

Whitedevil

Author:Whitedevil
FC2ブログへようこそ!
2011年秋に完全リタイアー。現在は毎日が日曜日の素浪人。そして地球の何処かを徘徊中。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる