16.11.28夏目漱石ゆかりの地

 夏目漱石は慶応3年(1867)に生誕し、大正5年(1916)12月9日に永眠。従い来月に没後100年を迎える。そこでNPO法人鎌倉ガイド協会の井上氏とゆかりの地を巡った。

 漱石は明治27年12月23日から1月7日にかけて円覚寺に参禅し、帰源院に止宿している。当時、神経衰弱気味になっていたそうで、親友の菅虎雄の紹介で円覚寺派管長釈宗演の基に参禅したものの大した収穫も得られず下山している。その経験から小説『門』が生まれている。宋助=漱石、一窓庵=帰源院、老師=宗演と読み替えると状況が良くわかる。

円覚寺総門は今が見ごろのモミジが美しい。しかし観光客が多い。
円覚寺1

円覚寺2

円覚寺の文学地図。
円覚寺3

円覚寺境内には帰源院を含め塔頭が多くある。

塔頭の一つ『居士林』と『正伝院』
円覚寺5

円覚寺4

開山堂まで来るとさすがに観光客は少なくなる。紅葉も鮮やかだ。
開山堂

モミジ

 山門のそばにある防水槽には『漱石』の文字を見ることができるが、これは夏目漱石とは無関係。裏を見ると天保二年とある。そもそも漱石とは中国の成語『漱石枕流』から取ったものである。本来は『沈石漱流』とすべきものを間違っても強弁した強情さを意味する。

防火水槽
 
 漱石が止宿した帰源院は円覚寺総門を入り右側に行けばすぐである。帰源院本堂で富澤宋実住職から漱石と帰源院の縁について講和をしていただく。そもそも富澤宋実住職は漱石が帰源院に止宿し円覚寺に参禅した際に食事等の世話をした富澤珪堂住職の孫にあたる人であった。小説『門』でもそれらしきことが記されている。

帰源院山門
帰源院1

帰源院本堂
帰源院2

境内には漱石の俳句(佛性は 白き桔梗に こそあらめ)の歌碑がある
歌碑

 漱石は以前参禅したときの円覚寺の老師宗演を訪ねるため東慶寺に出かけている。東慶寺は元来尼寺で『縁切り寺』として有名であったが、明治時代には男性住職の寺となっていた。『夏目漱石参禅百年記念碑』という石碑と説明文が門前に建っていた。以前はなかったと思うので没後100年を記念して最近建てたのだろう。

『夏目漱石参禅百年記念碑』と『説明文』
東慶寺1

東慶寺2

東慶寺境内の紅葉
東慶寺3

東慶寺4

 今日は半日であったが、NPO法人鎌倉ガイド協会の井上氏と富澤宋実住職のお話しのおかげで、いつもと違い少しはアカデミックな時間を過ごせた。




16.11.25扇湖山荘

 扇湖山荘が今日と明日に一般開放されるということで出かけた。扇湖山荘とは製薬会社で財を築いた長尾欽弥の別邸として昭和9年に飛騨高山の民家を移築し、改装したもの。長尾欽弥は、砲丸投げの選手の逞しい姿を映画で見たことで、ヒントを得て製品名をあの『わかもと』としたそうだ。
 山荘は鎌倉山に位置し、窓から相模湾が一望できる海が扇方形をしていて大きな庭園にふさわしい湖のように見えることから『扇湖山荘』となづけられた。平成22年に某銀行所有であったが、鎌倉市に寄贈され、今は鎌倉市が管理している。

  建物そのものは民家の養蚕室であったため大きな梁や柱が目につく。どちらか言えば繊細ではなく無骨な感じがする。

山荘入り口
扇泉湖山荘入り口

庭園入り口
扇泉湖山荘庭園入り口

山荘本館の大広間
本館大広間

本館の車寄せ
車寄せ

庭園は相模湾を望む鎌倉山の南側斜面を利用し植栽されている。また、昨日降った雪が残っていた。それと、モミジの紅葉は昨日の雪で多くは散ったようだ。
庭園1

庭園2

庭園3

庭園から相模湾を望む。左下は逗子マリーナ
相模湾

 伏見邸は『扇湖山荘』の別棟茶室として昭和9年に伏見宮邸から移築されたそうで、意外と由緒のある建物。  

伏見邸屁の順路案内
伏見邸1

伏見邸
伏見邸2

伏見邸3

伏見邸と本館間の道はモミジの落ち葉がびっしり
道

 帰路は七里ヶ浜に立ち寄り、富士山を眺める。10月26日が今年の初冠雪。1か月経てばすそ野近くまで積雪が確認できる。

富士1

富士2

富士3








16.11.16寿福寺、八幡宮、妙本寺

 早朝から、散歩に出かける。富士山が見えるかと思ったが曇っていて見えない。従い目標を変更し、紅葉見物とする。先ずは、寿福寺の参道。鎌倉は寒暖差がないので紅葉はあまり期待できない。

寿福寺参道は趣がある。
寿福寺

鶴岡八幡宮の源氏池
八幡宮1

鶴岡八幡宮の平家池
八幡宮2

鶴岡八幡宮は早朝のため清掃中
八幡宮3

八幡宮4

頼朝神社の参道は紅葉が美しい
頼朝神社参道

妙本寺参道は落葉でいっぱい
妙本寺3

妙本寺二天門前のモミジはまだ青々としている
妙本寺1

妙本寺本堂手前にはツワブキが咲いている
妙本寺2






16.11.08トランプ大統領誕生

 今年5月、友人と北米横断旅行に行った際に感じたのは中産階級があまり目につかなかったと思う。一方で街の中には白人のホームレスをよく目にした。いわゆる poor white だ、まだ、ホームレスにならない段階の人達がトランプに現状の変革を期待し  Amerian fiast の実現を望んだためか。

ニューオリンズの街角で見かけたホームレス
ニューオリンズ

ニューヨークのホテル近くのホームレス
ニューヨーク

16.11.04-07中国雑感

 11月4日~7日まで大連と上海へ行く。主な目的はマイレージの消化と古くからの友人との旧交を温めること。

 成田・大連間の飛行機は機首の右窓側に席を取る。大連空港に着陸する前に、以前勤めていた大連北良港の工場上空を通過し視認できるためだが、PM2.5のためか靄っていて良く見えなかった。折角座席にもこだわったが残念。
 大連も上海も大気汚染でPM2.5の値が300ポイントを越えていた。大連は11月5日より4月5日まで各家庭に熱電公司より蒸気が供給されるため石炭の消費が増えるためさらに悪くなるだろう。

大連の風景
大連風景

上海のホテルから見た風景
上海風景

 大連空港から市内までは地下鉄で直接行けるようになったが、依然と荷物検査など厳しく車内も以前同様ガラガラの状態。運賃は4元(≒65円)、市内の路面電車やバスは1元(≒16円)なので少し高い感じ。しかしホテルのある青泥窪橋駅まで12駅あったのでそんなものか。上海ではバスは2元、地下鉄の初乗は3元だ。つくづく日本の交通費は高いと感じる。タクシーは大連の初乗りは10元、上海は14元(ワンボックスカーは16元)である。

日本と異なり大連も上海も地下鉄に乗る際に荷物検査を受ける。まるで飛行機に乗るようだ。
地下鉄1

大連の地下鉄車内はガラガラ
地下鉄2

 4日の夕方、ホテルに日系商社の老朋友であるスタッフのWさん、Z君、SさんがBMWで迎えに来てくれる。いつもながら熱烈歓迎で恐縮する。持参の中国で使用する携帯電話はチャージ料金が足らなかったのか『空号』というメッセージが出て登録を取り消されていたことが判明。そのため連絡を取るのに苦労する。早速、5日の9時にパスポート持参で『中国移動電話』に出かけ稚拙な中国語と筆談で1時間程度悪戦苦闘し新規の番号登録とチャージを完了。その際は一番安価なシステムを希望する旨、『最便宜的方法』を連発する。おかげで固定費10元/月、通信費0.09元/回、そして200元をチャージし完了。
 5日の昼は大連勤務時代の部下と会食。家族連れなので子供の成長に驚く。夜は大連に駐在している大学の同窓会に出席。8名と少人数だったが、それぞれの業種や年齢が違っていても本社と現地との認識ギャップや現地スタッフとのトラブルなど苦労話が絶えない。今も現役時代と何も変わらないと再確認。

駐在員の苦労はいつの時代も同じ
同窓会

 5日の早朝ホテル前の『労働公園』に散歩のため出かける。早朝から太極拳をする人、ダンスをする人、それを見る人など様々だ。

労働公園から以前住んでいたマンション『擁景台』を望む
労働公園1

初冬の労働公園
労働公園2

写生をする人達
労働公園3

 中国の景気は報道されている通りあまり良くない。特に重厚長大の産業が中心の東北地方は最悪だ。大連でゾンビ企業の代表であった『東北特殊鋼集団』は10月10日に500億元(7700億円)の負債を残し9度目のデフォルトの末破綻(日本は2度の不渡りで破産)。広大な工場跡地はすでに更地になっていた。市内の店舗も同様にシャッターを閉めている店が目につく。中でも日系のデパートの『久光』の地下にある鮮魚店(新鮮館)や大阪から出店していたパン屋(メルシー)がクローズしていた。以前は大変お世話になったので残念だ。

久光百貨店地下のメルシー 左奥が店舗
久光1

久光百貨店の新鮮館 奥が店舗
久光2

 6日は上海に向かい、上海勤務時代の通訳であったY君の脱サラで始めたレストランの開店祝いを兼ねて出かける。当日は日曜日のため所帯持ちは外し単身赴任のS君のみ声をかけ会食。

上海勤務時代のY君とS君
袁

 7日は上海からの帰路、通常なら浦東・成田便だが、今回は虹橋・羽田便を利用する。ホテルから地下鉄2号線で虹橋空港まで出かけたが、そこは国内線ということで、再度地下鉄10号線に乗り換え国際線ターミナルに着く。少々手間取ったが羽田便は便利だ。成田は不便の一言に尽きる。
プロフィール

Whitedevil

Author:Whitedevil
FC2ブログへようこそ!
2011年秋に完全リタイアー。現在は毎日が日曜日の素浪人。そして地球の何処かを徘徊中。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2016/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる