16.09.30台・峯界隈

 連日の夏日と異なり今日は久しぶりに爽やかで秋の感じ。そこで今日のルートは北鎌倉から光照寺を経て北大路魯山人が鎌倉で作陶をした陶房「星岡窯」を見、その後は葛原岡神社、佐助稲荷とした。しかし、残念なことに先日来の雨の影響で陶房「星岡窯」への道は不通となっていた。たまにはこんなこともあるとあきらめる。

 光照寺の山号寺号は「西台寺英月院光照寺」、創建は弘安10年(1287)。山門の欄間にはクルス紋が揚げられ、本堂には隠れキリシタンの燭台が二基ある。また、隠れキリシタンと思われる人物の過去帳も残っているらしい。鎌倉時代のお寺に隠れキリシタンとは、チョット眉唾の感じがしないこともない。

光照寺の山門 こざっぱりしたなかなかいい感じの門
光照寺山門

山門の欄間にあるクルス紋
クルス紋

 光照寺の境内を歩いていると、中国雲南省原産の「地湧金蓮」という珍しい花が咲いていた。花の大きさは30㎝程度で大きく派手だ。別名チャイニーズ・イエロー・バナナとも言うそうだ。この花は春から秋にかけ10か月長期鑑賞ができるそうだ。

地湧金蓮、別名チャイニーズ・イエロー・バナナ
花1

 境内には「おしゃぶき」 (咳の神)さまが祀られている。お参りすると年寄りや子供の咳がおさまると言われている。北鎌倉駅から光照寺に向かう途中の路傍にも「おちゃぶき」さまがあり、こちらも咳の神様だそうで、御利益があり完治するとお茶を備えるという。

境内にある「おしゃぶき」様
おしゃぶき

路傍の「おちゃぶき」様
やちゃぶき

 台からハイキングコースを経ながら葛原岡神社に向かう。途中、視界の開けた高台から円覚寺の仏殿が小さく見えた。北鎌倉界隈は鬱蒼とした木々に覆われているのが良くわかる。

 眺望1

眺望2

 葛原岡神社は比較的新しく創建は明治20年(1887)で祭神は日野俊基である。明治維新後、日野俊基は倒幕の功労者としてその功績を認められた。倒幕と言っても正中元年(1324年、正中の変)と元弘元年(1331)のことである。今はあまり固いことは言わず、なぜか縁結びの神様として人気を博している。境内では絵馬の形が通常の家型ではなく、今風でハートの形をしている。

葛原岡神社の参道
葛岡原神社

今風のハート形の絵馬
絵馬

日野俊基の顕彰碑
顕彰碑

日野俊基の墓 明治時代に新たに作成したものとしては如何にも古い感じがする。どこかで転がっていた五輪塔や宝篋印塔を持ってきてでっち上げたのではないかと思ってしまう。
墓


 佐助稲荷は古代より佐助川の水源に農業神として祀られていた。縁起には伊豆蛭が小島に配流中の頼朝が病に伏した時、翁に姿を借りた「隠里の稲荷」と名乗る神霊があらわれ、挙兵を勧めた。頼朝は託宣に従い旗揚げし、戦功をおさめたといわれている。

佐助稲荷の本殿は非常に小ぶりだ
佐助稲荷本殿

参道には鳥居が並ぶ。まさに鳥居のトンネルだ。
鳥居

境内にある「霊狐泉」。これが古代より農業神として祀られていた佐助川の水源か。いずれにしても、今風に言えば「パワースポット」。
霊狐泉












 

16.09.18鎌倉御霊神社例大祭

 御霊神社では祭神の鎌倉権五郎景政の命日にあたる9月18日に例大祭が行われる。メインとなるのは鎌倉神楽・面掛行列。鎌倉神楽は、午後1時から御霊神社の境内で催されるが人がいっぱいで見えない。神事の間、横笛・締太鼓・大胴の楽器によって雅楽が奏でられている。また、演目の前には、それぞれの座の意味を説明してくれ、素人の私にもわかりやすくて親切。

御霊神社
御霊神社

本殿では神事の神楽を実施中
神楽

御霊神社は小さな神社。その身の丈にあった神輿
小ぶりな神輿

時代衣装の祭のスタッフ
祭のスタッフ


 面掛行列は、午後2時30分から行われ、総勢10人が面をつけて行列。その由来は、源頼朝が非人頭の娘を可愛がり、身籠もらせてしまいまい。娘のもとにお忍びで通う頼朝の警護を非人たちが引き受けたが、非人の身分が低いために、大衆に顔を見せることができず面をつけたのが起源という言い伝えがある。頼朝の知らなかった一面を知った感じだ。もともと鶴岡八幡宮で行われていたものを、御霊神社がこれに倣って、江戸時代から行っているそうだ。現在では、御霊神社のみで行われている。
 面掛行列は、その後、転じて豊作・豊漁を祈願する行事となる。昭和51年に神奈川県の無形民俗文化財に指定され。お面は、普段は、境内にある御霊神社宝蔵庫の中に展示されている。

御霊神社の門前を『江ノ電』が走る。遮断機を渡ると鳥居がある。
江ノ電

『坂の下」地区の祭囃子
おはやし1
おはやし2

 行列の先達をするオジサンの足元を見ると、昔ながらの『わらじ』を履いている。鼻緒から足の指が全部出ているのがわかる。足を上げて見せてもらうと足袋より遥かにわらじが小さい。昔の人は今の歩き方でなく『なんば歩き』をしていた証左。    
先達1

遥かに足袋より小さなわらじ、これでは足の裏が半分ほど直接地面についてしまう。
先達2

10種類の面を掛けて行列する。神輿やおはやしを含めると約百人程度の行列だ。

狭い路地は人で埋まる。
行列3

行列の準備のためスタートライに向かう
行列1
行列2
行列5

小さな子のおはやし連
行列5
行列6

10人の面掛行列。
行列7

黒い着物の『おかめ』は孕み女で、その横の女は取り上げ女(産婆)。おかめの腹を触ると「安産祈願」となるそうだ。
行列8








16.09.06江戸後期の鎌倉に残る四大建築

 NPO法人鎌倉ガイド協会の根本さんから「鎌倉に残る江戸後期の四大建築」のレクチャーを受け建長寺、鶴岡八幡宮、妙本寺、光明寺を巡った。これらの寺院は年に何度も訪れるが、別の切り口から眺めてみると、また新鮮な感じ。しかし、専門用語も多く少々難解。

 【貫(ぬき)】・・・貫(ぬき)とは木造建築で柱等の垂直材間に通す水平材。 木造建築では、水平方向の固定に用いる。壁・床下の補強などに使われている。小屋組の場合は"小屋筋交い"や"振れ止め"がほぼ同じ役割を持っている。壁、主に真壁に使用される貫は、柱を貫通させ楔で固めることにより、柱の曲げ耐力を建築に加わる水平力に対する抵抗要素とする働きを持つ。多くの場合、貫は鉛直方向に長い長方形の断面形状をとる。よく似た役割を持った建築材に長押(なげし)があるが、長押は柱の外側から釘で打ちつけるものであるのに対し、貫は文字通り柱を貫通するところが異なる。

 建長寺の三門には釘を一切使用しない貫の柱がある。また、柱は石の台座に設置しているだけの粽柱(ちまきはしら)で支えられている。現在の建築なら鉄筋コンクリートによる土台や基礎工事が常識だが、よくこんなもので地震に耐えられると感心する。

貫

【組物】・・・建築物の柱上にあって軒を支えるもの。前後または左右に腕のように渡した横木で上からの荷重を支える肘木(栱)と、桁や肘木を受ける方形の斗(ます)(枡形(ますがた)とも)とで構成され、斗組(ますぐみ/とぐみ)とも、斗と栱から成る事から斗栱(ときょう、斗栱)ともいう。斗には大きく、柱の直上に置かれる大斗(だいと)と、肘木の上に置かれる小型の巻斗(まきと)とがあり、肘木には単純な形式の舟肘木(ふなひじき)や装飾化した花肘木(はなひじき)がある。これら組物の役目は強度を増すことに加え、軒下を美しく飾ることも役目の一つだ。

説明1

説明2

建長寺三門の組物
組物1

組物2

建長寺の本堂(仏殿)の軒下にはこんな遊び心があった。いつもはこんな軒下を眺めないからか梟の彫刻に始めて気が付いた。余談で建築と関係ないが、総門にある「巨福山」(こふくさん)の額は、第十世一山一寧(いっさんいちねい)の筆で、勢いがあまり「巨」の字に点が加えられ、百貫の価をそえたものといい、この点は「百貫点」と呼ばれている。

組物3

巨福山」の百貫点
扁額


 鶴岡八幡宮の軒下。いつもは、ここも扁額の『八』の字が鳩が向き合っていることくらいしか気にしなかったが、組物を見ると鮮やかで美しい。本宮は国重要文化財。

八幡宮1

 余談だが、鶴岡八幡宮の境内にある白幡神社には『君が代』に出て来るの『さざれ石』が展示されている。これはもともと小さな石の意味であるが、長い年月をかけて小石の欠片の隙間を炭酸カルシウム(CaCO3)や水酸化鉄が埋めることによって、1つの大きな岩の塊に変化したものも指す。学術的には「石灰質角礫岩」などとよばれる。石灰岩が雨水で溶解して生じた、粘着力の強い乳状液が少しずつ小石を凝結していき、石灰質の作用によってコンクリート状に固まってできるという。日当たりのいい場所なので『苔の生すまで』とはいかないようだ。

八幡宮の境内にある白幡神社
白幡神社

白幡神社にある『さざれ石』
さざれ石


 妙本寺は鎌倉駅から10分程度の距離であるが、深山幽谷の趣がある日蓮宗の寺。日蓮が安房から鎌倉に出てきて初めて草庵を結んだところである。今回は二天門をくぐったところにある祖師堂で若い僧侶からお話を伺った。

二天門をくぐると祖師堂がある
二天門から見た祖師堂

祖師堂で若き僧侶から話を伺う
祖師堂

祖師堂の軒下にある獅子の彫刻
二天門の彫刻1

祖師堂の軒下にある牙のあるバクの彫刻(象ではないそうだ)
二天門の彫刻2

二天門の欄間にある龍の彫刻(表)
二天門彫刻3

二天門の欄間にある龍の彫刻(裏)
二天門彫刻4


 妙本寺から20分程度歩けば光明寺がある。ここは浄土宗のお寺。総門からまっすぐに参道が延び壮大な三門がある。本当に見事だ。この三門の二階には『天照山』の扁額があり、後花園天皇により賜ったものとのこと。三門には様々な彫刻がほどこされていた。

壮大な三門
光明寺三門

山門の欄間にある彫刻
光明寺欄間



プロフィール

Whitedevil

Author:Whitedevil
FC2ブログへようこそ!
2011年秋に完全リタイアー。現在は毎日が日曜日の素浪人。そして地球の何処かを徘徊中。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる