阪神タイガースに思う

78447729_220x220[1]

   阪神タイガースは昨日のヤクルト戦に6対5で敗北。あと3試合を残すも、今シーズンのリーグ最下位が決定した。2001年以来17年ぶりの最下位である。

  いつもならタイガースのお家芸というべき、ストーブ・リーグでのフロントや現場を巻き込んだゴタゴタ騒動でスポーツ新聞ネタになっているところだが、今年はどうも違うようだ。金本監督の続投もありのうわさがある。一方、巨人の高橋由伸監督は早々に辞意を表明。

  先日のノーベル医学生理学賞を受賞された本庶佑博士は阪神タイガース後援会の京都支部の会長をされており、インタビューで記者からタイガースの不調についての解決策はと、マイクを向けられた時の発言。、「先ず、指揮官を替えること、それから藤波選手など能力のある選手ををうまく使うこと」と発言されていた。

  ファンの一員としては、どうすることもできず「なんでやねん、ホンマに難儀やなー」といった感じだ。ストレスはたまる一方。

17.07.15今年の『土用の丑』は

  今年の丑の日は7月25日(火)と8月6日(日)の2回ある。因みに、7月25日の1回目を『一の丑』、2回目の8月6日を『二の丑』というそうだ。1年で一番暑い日といわれるこの日、夏を乗り切るために栄養価の高いウナギを食べるのが昔からの習慣だ。

  丑の日で思い出したが、韓国は同じ頃にウナギの代わりに犬肉を食べて夏を乗り切るという。特に「補身湯(ポシンタン)」と呼ばれる犬肉スープを食べるのが一般的だ。
 
  10年ほど前に、中国東北部の朝鮮族が多く住む地域を旅行した際に、市場や露店で普通に犬肉が売られているのを見て驚いた。養狗(養殖の犬)といわれる犬で大きさや形が一定して、皮をはいだ状態で販売されていた。日本人にはチョットショックな感じであった。 何が正しいか正しくないかではなく『文化』の違いだ。

市場での中ではこのような状態で販売されている
吉林省旅行 283 (800x536)

露店でもこのような状態だ
吉林省旅行 004 (800x536)

17.03.08横浜山下公園界隈

 今日は横浜パスポートセンターへ『限定旅券』交付の申請に出かける。日差しは暖かく春のようだ。申請後は何年かぶりで横浜公園界隈を散歩。港町の雰囲気を満喫する。

 横浜港のシンボル『氷川丸』
DSCN1974 (800x600)

DSCN1976 (800x600)

 今回初めて知ったが、関東大震災時に外国人を優先して救護したそうで、その返礼としてインド人から送られたのが『インド水道塔』だ。天井はインドイスラム様式で美しいタイルでできていた。
DSCN1971 (600x800)

 公園内にある『赤い靴はいてた女の子』像
DSCN1982 (600x800)

 姉妹都市のサンディエゴから送られた『水の守護神像』
DSCN1980 (800x600)

 港を前にした『ホテルニューグランド』は今では少々豪華さに欠けるが、1945年8月30日に米国のマッカーサー元帥が厚木の飛行場に降り立った。当時の写真はサングラスにコーンパイプを咥え、ノーネクタイ姿の写真は有名である。その日にこのホテルの
3階15号室に入り『気にいった』と一言。そして3泊此処で宿泊した。
DSCN1977 (800x600)

 横浜市開港記念会館は、横浜開港50周年を記念し、市民の寄付金により大正6(1917)年に創建されて以来、横浜の代表的建造物の一つ。なかなか港町にピッタリの雰囲気。道端には『岡倉天心生誕の地』の石碑があった。
DSCN1987 (600x800)

DSCN1988 (800x600)



16.11.08トランプ大統領誕生

 今年5月、友人と北米横断旅行に行った際に感じたのは中産階級があまり目につかなかったと思う。一方で街の中には白人のホームレスをよく目にした。いわゆる poor white だ、まだ、ホームレスにならない段階の人達がトランプに現状の変革を期待し  Amerian fiast の実現を望んだためか。

ニューオリンズの街角で見かけたホームレス
ニューオリンズ

ニューヨークのホテル近くのホームレス
ニューヨーク

16.08.18認知症予防

 今日は某証券会社主催の「認知症予防と基礎知識」というテーマのセミナーがあり、出かけてみた。

 そもそも認知症とは様々な原因により、脳の細胞が死んでしまったり、働きが悪くなってしまったために、色々な障害が起こり、日常生活を送る上で支障が出る状態(およそ6か月以上継続)を指す。と定義されている。2025年には700万人が出現するといわれている。65歳以上の5人に1人だ。5人のうちの4人になりたいものである。

 認知症の原因は脳の変性疾患(アルツハイマー病、ㇾビー小体病等)と脳血管性疾患(脳梗塞、脳出血、脳動脈硬化等)の2つが認知症の80%を占める。その他としてAIDSやアルコール中毒なども原因の一因となるそうだ。

 認知症の主な症状として中核症状と行動・心理症状(BPSD)に大別されるという。

【中核症状】とは
①記憶障害・・・新しいことを記憶できない(しずらくなる)、先ほど聞いたことさえ思い出せない、進行すると覚えていたはずの記憶も失われるといった障害となる。
②見当識障害・・・時間や日時・季節の認識や、自分が今いる場所の認識が困難になる障害。近所で迷子になったり、季節感のない服装をしたりする。
③理解・判断力の低下・・・思考スピードの低下や情報処理能力の低下、変化への対応力低下等、同時並行で処理できなかったり、日常生活で混乱することになる。
④実行機能障害・・・自分自身で計画を立て実行することができなくなる。想定外の事柄が起きると計画の修正ができず思考停止となる。
⑤コミュニケーションの障害・・・いわゆるK・Y(空気が詠めない)状態になり、周囲の人とのコミュニケーションが困難になる。

【行動・心理症状(BPSD)】とは中核症状を元とし、本人の性格や素質、置かれている環境や心理状態により、不安、焦燥、うつ状態、幻覚・幻想、徘徊、興奮、不潔行為等である。

 認知症の診断・受診の主な内容はCT・MRI・脳血流検査等の画像検査や記憶・知能に関する心理検査などがある。治療法としては、アルツハイマー病の場合、早期であればある程、薬で進行を遅らせることができる。初期から服用開始すると健康な時間を長くすることも可能。

 一番気になる予防だが、脳血管認知症の予防は高血圧症・高脂血症・肥満等への対策が有効。アルツハイマー病の予防には生活習慣病対策で発症を送らせる。そして脳の病気の加速因子を防ぐ、つまりうつ・うつ状態による、「脳の廃用」を防ぐことだ。そして脳の活性化を促すことが大事。気持ちよい刺激・笑い。友人や家族と楽しいコミュニケーションをとる機会を持つ。「他者の役に立つ」日課や役割で認知機能をアップする。さらに褒めても、褒められても「ドーパミン」が脳内で大量に放出される。これが大事だ。

 最後に加齢による物忘れと認知症の違い

  <<加齢によるもの忘れ>> <<認知症の記憶障害>>
経験したことが部分的に思い出せない  ⇔ 経験したことを全部忘れている
目の前の人の名前が思い出せない    ⇔ 目の前の人が誰なのかわからない
物の置き場を思い出せないことがある  ⇔ 置き忘れ・紛失が頻繁になる
何を食べたか思い出せないことがある  ⇔ 食べたこと自体を忘れている
約束をうっかり忘れてしまった       ⇔ 約束したこと自体を忘れている
物覚えが悪くなったように感じる      ⇔ 数分前の記憶が残らない
曜日や日付を間違えることがある     ⇔ 月や季節を間違えることがある

このレポートをまとめることは認知症予防のつもりでまとめた。

プロフィール

Whitedevil

Author:Whitedevil
FC2ブログへようこそ!
2011年秋に完全リタイアー。現在は毎日が日曜日の素浪人。そして地球の何処かを徘徊中。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる