20.02.21円覚寺探訪

20.02.21円覚寺探訪

 今日は久しぶりにNPO法人「鎌倉ガイド協会」の福島氏と北鎌倉の円覚寺を梅の香を堪能しながらめぐる。

 円覚寺は鎌倉五山第二位の寺で「山号・寺号」は瑞鹿山円覚寺興聖禅寺という。「宗派」は臨済宗円覚寺派本山、「創建」は弘安5年、「開山」は無学祖元、「開基」は北条時宗(第8代執権)、「本尊」は宝冠釈迦如来である。北条時宗(1251~1284)が、文永(1274)及び弘安(1281)の、2度の元との戦いで戦死した敵味方の兵士たちの菩提を弔うために建立。時宗は33歳で没しているが、それにしても短命だ。きっと元との戦いのプレッシャーでストレスによる死である(あくまでも私見)。
 
 円覚寺の前(元は寺領)をJR横須賀線が通る
DSC_8488 (800x533)

 石段の向こうは総門
DSC_8415 (800x533)

 総門には「瑞鹿山」の額字
DSC_8416 (800x533)

 山門には伏見上皇の「円覚寺興聖禅寺」の額字
DSC_8419 (800x533)

DSC_8422 (800x533)

 山門をくぐり直進すると【仏殿】(大光明宝殿)がある。円覚寺の御本尊(宝冠釈迦如来坐像)が祀られている建物だ。関東大震災(大正12年)に倒壊。昭和39年に再建した。禅寺の特徴である軒下の垂木は、下層は並行、上層は放射状(扇子の骨状)に広がっている。

DSC_8423 (800x533)

DSC_8425 (800x533)

 宝冠釈迦如来坐像  
 DSC_8431 (800x533)

 仏殿の天井には龍が描かれている
DSC_8428 (800x533)

 右は無学祖元、左は達磨大師
 DSC_8430 (800x533)
 
DSC_8429 (800x533)

 仏殿から参道を挟み西側には【選仏場】がある。選仏場とは、字の通り仏を選び出す場所という意味で、修行僧の座禅道場である。ここには雲慶派の作品と言われる薬師如来が安置されている。その右横には聖観音菩薩が、柔らかく力を抜いてリラックスしているような姿で安置されている。この堂は元禄12年(1699)伊勢長島城主・松平忠充が建立したものだ。屋根は茅葺でなかなか趣がある建物。

DSC_8434 (800x533)

DSC_8437 (800x533)

DSC_8435 (800x533)

DSC_8438 (800x533)

 選仏場の横から【龍隠庵】に登ると円覚寺の山門から方丈に至る大伽藍が眼下に眺めることができた。そして足元には春を告げる福寿草が生えていた。

DSC_8439 (800x533)

DSC_8442 (800x533)


 龍隠庵のすぐ下には【居士林】がある。ここは在家修行者のための専用道場である。『居士』とは一般在家の禅の修行者を指す。広く一般の人に解放された各種座禅会などが行われている。 

DSC_8443 (800x533)

DSC_8444 (800x533)

 居士林から元の参道に戻り直進すると大方丈に当たる。方丈は本来住職の居間であるが、現在は各種法要、座禅会、説教、や講習会などが行われている。

DSC_8446 (800x533)

DSC_8470 (800x533)

 大方丈より更に道なりに直進すると左側に【舎利殿】がある。第3代将軍実朝(1192~1219)が中国宋より請来した「仏舎利」収めていることから舎利殿の名がついた。舎利殿そのものは重要文化財で立ち入り禁止となっている。遠くから写真を撮るが結果は、よくわからない。

DSC_8450 (800x533)

DSC_8449 (800x533)

 舎利殿から仏日庵に行く途中に【烟足軒】という茶室があるが、ここは川端康成の小説「千羽鶴」の舞台となったところである。また、その茶室の対面には無学和尚が説教をした折にその説教を聞きに鹿がやってきたという、鹿の住処である洞窟があった(少々フィクション臭い)。円覚寺の山号・寺号である瑞鹿山円覚寺興聖禅寺はここから来たそうだ。

DSC_8454 (800x533)

DSC_8453 (800x533)


 円覚寺の参道の一番奥にある塔頭の【黄梅院】は、「山号・寺号」は伝衣山黄梅院。「創建」は文和3年(1354)、「開山」は方外宏遠、「開基」は饗庭氏直、「本尊」は千手観音菩薩である。黄梅院は北条時宗夫人・覚山尼が時宗の菩提のため建立した。境内の老梅が臥龍の様に立ち、老大木にはラン科の石斛が見られた。 山門の額字はチョット読めない。しかし、よく見ると「黄」、「?」、「院」と読める。「?」は「ウメ」の字を「毎」の下に「木」を配しているようだ。梅の字でこんな字があるのかどうかは不明。これも禅宗の問答の一種か。

DSC_8462 (800x533)

DSC_8458 (2) (800x533)

DSC_8456 (800x533)

DSC_8463 (800x533)

 最後に塔頭の【帰源院】に立ち寄る。ここは「創建」は天授4年(1378)、「開山」は傑翁是英、「中興開基」は北条氏康、「本尊」は傑翁是英とのこと。ここは夏目漱石が参禅し逗留したことで有名。夏目漱石は、円覚寺の釈宗円に参禅し帰源院の庫裏に宿泊、小説『門』の中で境内の塾などを描写している。また、梅の香る境内には、現住職の祖父とも親交があり、その縁で昭和37年に漱石の句碑『仏性は白き桔梗にこそあらめ』が建てられていた。

DSC_8483 (800x533)

DSC_8475 (800x533)

DSC_8479 (800x533)

DSC_8477 (800x533)

 漱石の時代の参道は苔むしていた。今は別の参道を使用。
DSC_8485 (533x800)

  通常は帰源院の一般公開はないが、特別にガイド協会の尽力で実現した。今日はこれで大満足の一日。




19.10.31鎌倉文学館特別展

 鎌倉文学館で『オリンピックと文学者』というテーマの特別展が開催されているので出かけてみる。

DSCN3926 (800x600)

 文学館へのアプローチ
DSCN3927 (800x600)

DSCN3928 (800x600)

 文学館
DSCN3958 (800x600)

 1896年に第1回アテネ大会が開催された。1900年のパリ大会を目にしたかもしれない夏目漱石、1932年、ロスアンジェルス大会に参加し小説を書いた田中秀光、1936年、ベルリン大会を取材した武者小路実篤。そして1964年、アジア初の東京大会は、多くの文学者が観戦しペンをとった。

 修学旅行と思われる中学生が大勢入館していたので、ゆっくり展示内容を見ることができなく、残念だった。

 前列左から2番目が夏目漱石 ボート部
DSCN3930 (800x600)

 正岡子規 野球部
 DSCN3931 (800x600)

DSCN3932 (800x600)

DSCN3933 (800x600)

DSCN3934 (800x600)

DSCN3935 (800x600)

 日本マラソンの父として、NHK大河ドラマ『いだてん』のモデルとなった金栗昭三は文学者ではないが、彼がストックホルム大会で履いた足袋の新聞宣伝広告(昭和23年)が展示されていた。驚いたことに当時はスニーカーではなく地下足袋であった。

DSCN3942 (800x600)

 館内をざっと見たのち、付属のばら園を覗いてみる。やはり秋の花は春よりも小ぶりな感じがした。
DSCN3946 (800x600)

DSCN3947 (800x600)

DSCN3951 (800x600)

DSCN3953 (800x600)








19.08.08鎌倉ぼんぼり祭り

 鎌倉の夏の風物詩『ぼんぼり祭り』は、昭和13年(1938)から始まり、今では伝統行事だ。今日は鎌倉ガイド協会井上氏の案内で見学する。そもそもは立秋の前日に行われる鶴岡八幡宮の夏越祭(なごしさい)に合わせてぼんぼり祭りが始まった。昭和17年からは源実朝公誕生日の8月9日に実朝祭が、昭和25年から立秋祭が行われるようになった。現在は鎌倉在住の文化人や各界の著名人が揮毫した書画約400点をぼんぼりに仕立てて境内に並べ、夕刻にはすべてのぼんぼりに巫女の手により蝋燭の灯がともされる。ついでに境内にある『鎌倉文華館・鶴岡ミュージアム』で開催されている特別展(物故者のぼんぼり)を鑑賞する。

 鎌倉駅から鶴岡八幡宮に向かう最初の信号のある二の鳥居から若宮大路(段葛)には、一対の大きな狛犬がにらみを利かせている。この狛犬はコンクリート製だが、日本で最古のコンクリート製の狛犬とガイドブックに載っていた。

DSCN3784 (800x600)

DSCN3783 (800x600)

 段葛を過ぎて一の鳥居を越えると太鼓橋の前にやって来る。その前面にはステンレス製の灯篭がある。あまり気が付かないが、ステンレス製は珍しいと思う。

DSCN3754 (800x600)

 境内には、約400個のぼんぼりが飾られている。印象に残ったぼんぼりは次の通り。(順不同)

DSCN3755 (800x600)

藤沢周
DSCN3759 (600x800)

岡田武史
DSCN3762 (600x800)

竹中直人
DSCN3763 (600x800)

筒香嘉智
DSCN3760 (600x800)

ラミレス
DSCN3761 (600x800)

みのもんた
DSCN3764 (600x800)

中村吉右衛門
DSCN3765 (600x800)

養老孟司
DSCN3766 (600x800)

三木卓
DSCN3767 (600x800)

駐日チュニジア大使 モハメット・エハ―三
DSCN3776 (600x800)

服部公一
DSCN3778 (600x800)

駐日モルドバ大使 ヴァシレ。ブマコフ
DSCN3780 (600x800)

星野知子
DSCN3777 (600x800)

駐日ギリシャ大使 コンスタンチン・カキュシス
DSCN3758 (600x800)

蛭子能収
DSCN3781 (600x800)

宮崎緑
DSCN3782 (600x800)

 境内のぼんぼりを見た後に、『鎌倉文華館・鶴岡ミュージアム』で開催されている特別展(物故者のぼんぼり)を鑑賞する。1938~1955年に展示されたもので、懐かしい人の作品だった。中でも水の江滝子の絵(米兵がジープを疾駆する)をうまいと感じた。田中絹代や高峰三枝子、横山隆一、小津安二郎などの個性を感じた。残念なのは館内撮影禁止。

DSCN3774 (800x600)

DSCN3773 (800x600)

 今日は、6時半にぼんぼりに点灯されるまで、八幡宮にいようと思ったが、流石に熱中症になりそうなので、早々に引き上げた。






19.05.07鎌倉文学館・三島由紀夫展

 やっと大型連休が終わったので、鎌倉文学館に出かけ、”三島由紀夫『豊饒の海』のススメ”を見学する。

 この『豊饒の海』は4部にわって構成されている。第一巻「春の雪」、第二巻「奔馬」、第三巻「暁の寺」、第四巻「天人五衰」である。長編で時間を追って物語が進むが、途中で時間がジャンプしたりするので、少々長すぎて食傷気味であった記憶がある。

 三島由紀夫は意外と小柄で、学徒出陣世代であったが戦地に行っていないそうだ。それに運動神経がからきしダメだった。そのコンプレックスか、ボディビルで体を鍛えていた。結構ナルシストなのかもしれない。

文学館前に掲示されていた三島由紀夫展のポスター 
DSCN3591 (800x600)

鎌倉文学館(元前田侯爵邸)
DSCN3606 (800x600)

門から文学館に至るアプローチはなかなか素敵に風景
DSCN3590 (800x600)

DSCN3592 (800x600)

DSCN3594 (800x600)

DSCN3595 (800x600)

三島由紀夫は自身の写真について結構、意識して撮っている  
DSCN3597<br /><br /><a href=DSCN3604 (800x600)

DSCN3598 (800x600)

DSCN3599 (800x600)

DSCN3600 (800x600)
(800x600)" border="0" width="800" height="600" />

DSCN3596 (800x600)

DSCN3601 (800x600)

DSCN3602 (800x600)

DSCN3603 (800x600)

 文学館の庭園は11日(土)からバラまつりが開催される。少し早いが、どの程度咲いているかを確認する。見ごろは来週中ごろ以降と思われる。

DSCN3608 (800x600)

DSCN3610 (800x600)

DSCN3609 (800x600)


DSCN3611 (800x600)

 先日、保坂正康氏の『続 昭和の怪物七つの謎』を読んだが、三島由紀夫が第一章で取り上げられていた。今日の三島由紀夫展は非常に興味があり、面白く感じた。












19.05.02妙本寺学僧・仙覚

 最近書店に行けば万葉集に関する書籍が平積されている。理由は『令和』の引用元が万葉集であるためだ。たまたまタウン誌で妙本寺と万葉集の関わりが取り上げられていた。

 そもそも万葉集が編纂されたのは今から1200年ほど前。漢字の音を日本語にあてた『万葉仮名』で書かれているため、後の時代の人々は訓点を付けなければ、読むことができなかった。約4500首のうち、鎌倉時代になっても訓点の無かった152首につけたのが、妙本寺を拠点に活動した仙覚という学僧だったそうだ。その生涯については詳しいことは分かっていない。13歳から万葉集研究を始めたらしい。鎌倉幕府第4代将軍頼経の命を受け1246年に訓点をつけ終えた万葉集を献上。現在の研究や出版物のベースになっている『西本願寺本写本』として伝わっている。ただこうした功績を知る人はほとんどいない。今は妙本寺の境内に『万葉集研究碑』がひっそり佇んでいる。

DSCN3584 (800x600)

 妙本寺の開山は日蓮、開祖は比企能本、創建は1160年の由緒ある寺だ。総門を過ぎ、境内に入れば深山幽谷の世界だ。階段を上ると二天門となる。

DSCN3571 (800x600)

DSCN3574 (800x600)

 二天門からはまるで額縁に収められたような祖師堂が見える。

二天門
DSCN3575 (800x600)

祖師堂
DSCN3580 (800x600)

 二天門には持国天と多聞天(毘沙門天)がにらみを利かせている。この仁王の二天に因み二天門と名付けられた。

持国天
DSCN3577 (800x600)

多聞天
DSCN3578 (800x600)

帰路、妙本寺そばの民家のブロック塀には『令和』の落書き?  9歳の作品には見えない。
DSCN3586 (800x600)

自宅近くの竹やぶには筍から成長した竹が姿を見せていた。そのうち、初夏になりそうだ。

DSCN3589 (800x600)

DSCN3588 (600x800)








プロフィール

Whitedevil

Author:Whitedevil
FC2ブログへようこそ!
2011年秋に完全リタイアー。現在は毎日が日曜日の素浪人。そして地球の何処かを徘徊中。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる