17.08.05龍口寺竹灯籠施餓鬼法要

江の島の近くにある龍口寺で午後6時から竹灯籠施餓鬼法要が開催されるということなので出かけてみる。お寺に着いたのはまだ明るくて夕暮れには少し早かった。お寺そのものは江ノ電・江ノ島駅のすぐそばにあり、門前の前を電車が通過する。

DSCN2616 (800x600)

DSCN2618 (800x600)

DSCN2632 (800x600)

本堂ではすでにライブコンサートが始まっていた。スケジュール表には「うたたね 徹」(歌)、「吉田 長生・北川 綾乃」(尺八と筝の演奏)、「三木 大雲」(怪談)と夜の9時頃まで開催されるようだ。

DSCN2622 (800x600)

DSCN2629 (800x600)

しばらくすると黄昏時となり、孟宗竹を利用した灯篭に灯がともされる。

DSCN2642 (800x600)

DSCN2638 (800x600)

DSCN2639 (800x600)

DSCN2643 (800x600)

DSCN2650 (800x600)

DSCN2656 (800x600)

DSCN2654 (800x600)

DSCN2648 (800x600)

本堂の裏にある三重塔もライトアップされる

DSCN2644 (600x800)

帰路の江ノ電沿いの道路には、8月25日から上映予定の『きみの声をとどけたい』の宣伝を兼ねて、お寺と同様に孟宗竹の灯篭が
飾られていた。

DSCN2660 (600x800)

DSCN2655 (600x800)

17.07.29-30相馬野馬追祭旅日記

『相馬野馬追祭』が東北の震災後7年ぶりに開催されるというので出かける。「甲冑競馬」や「神旗争奪戦」が行われる30日の前日の29日に福島県に入る。

DSCN2575 (800x600)

JRの新白河駅から宿泊先の裏磐梯に向かう途中、飯館村を通る。福島原発事故のため避難を余儀なくされた地域だ。其処かしこに除染(正しくは移染)した土にシートが被されている。田畑は荒れ放題。その後、江戸時代の会津西街道(下野街道ともいう)の宿場町『大内宿』に立ち寄る。今も昔のままに保存された会津と日光を結ぶ街道の両脇には、茅葺き屋根の民家が並び、江戸へ向かう大名や旅人の宿駅として重要な役割を果たしたようだ。30軒以上の茅葺き屋根の民家が並ぶ様子は極めて珍しい。

茅葺の豪農と思われる民家 
DSCN2504 (800x600)

二階には養蚕のための設備がある
DSCN2508 (800x600)

30軒以上の民家が並ぶ
DSCN2510 (800x600)

小高い丘から宿場を眺める
DSCN2513 (800x600)

大内宿からは会津鉄道の湯野上温泉駅に行き、芦ノ牧温泉まで乗車。この辺りは非常に温泉が多い。駅のプラットフォームには「足湯」の施設があった。
DSCN2518 (800x600)

DSCN2520 (800x600)

DSCN2519 (600x800)

プラットフォームには足湯の施設がある
DSCN2522 (800x600)

車窓からは美しい景色が望める
DSCN2523 (800x600)

芦ノ牧温泉からは会津若松城(通称鶴ヶ城)に出かける。戊辰戦争で籠城した白虎隊やNHKの大河ドラマ「八重の桜」でも有名だ。

再建された天守閣は美しい 
DSCN2527 (600x800)

DSCN2535 (800x600)

DSCN2528 (600x800)

天守閣から眺めた会津若松市の風景
DSCN2531 (800x600)

DSCN2530 (800x600)

会津若松城から宿泊先の裏磐梯五色温泉に向かう。夕食前に五色沼の一つ「毘沙門沼」を見学。火山活動のため、裏磐梯には30余りの湖沼があるそうだ。当日の天候は曇り空のため、折角のコバルトブルーの鮮やかさは確認できなかったが、それなりに美しかった。

DSCN2540 (800x600)

DSCN2538 (800x600)

 翌早朝は雨が降っていたが、野馬追祭に出かけるころは曇り空になり、やれやれの感じ。そもそも野馬追祭は千有余年の歴史を持ち相馬氏の遠祖である平将門が下総国小金ヶ原に放した野馬を敵兵に見立てて軍事演習をしたのが始まりだそうだ。
 野馬追祭は1周1000mの祭場(馬場)を10~7頭立てで10回行われる「甲冑競馬」と空中(150m)にさく裂した花火の中から2本の御神旗がゆっくり舞い降り、それを争奪する。花火は20発、御神旗は40本が間をおいて打ち上げられる「神旗争奪戦」がメインイベントである。以前は500余騎の馬が参加したそうだが、今年は400余騎であった。震災の影響か馬が集まらず中央競馬会からレンタルしているそうだ。
 何れの勝者も観客席そばの坂を馬と共に駆け上がり、観客から喝さいを受ける最高の栄誉に輝く。その姿はかつての武将を彷彿とさせる。当日、甲冑競馬で女武者が一位になり、場内からひときわ大きな喝さいを浴びていた。また、御神旗を二度も獲得した強者もいた。

中央競馬会から運ばれたのか
DSCN2541 (800x600)

出番を待つ馬
DSCN2546 (800x600)

甲冑競馬では兜は脱ぎ鉢巻きを締めるものの、鎧や具足をまとっており、かなりの重量になると思う。そして先祖伝来の旗指物を背中に背負うため、風の抵抗などを考えると前傾姿勢がベストか。

人馬一体となり名誉をかけてゴールをめざす
DSCN2562 (800x600)

DSCN2571 (800x600)

DSCN2575 (800x600)

DSCN2577 (800x600)

DSCN2588 (800x600)

DSCN2587 (800x600)

騎手が落馬をしたのか馬だけがゴールする
DSCN2578 (800x600)

神旗争奪戦はファンファーレではなく法螺貝を鳴らし始まる。武者たちは花火で打ち上げられた御神旗を見上げながら、風を読みしかるべき場所に殺到する。御神旗が地上7~8m程度に落ちて来ると、鞭で持って絡めとろうと突進する。馬のいななき、ヒズメの音そして歓声などが一体となる。坂東武者とはこのようなものだったかと思う。

DSCN2600 (800x600)

DSCN2601 (800x600)

DSCN2604 (800x600)

DSCN2610 (800x600)

自分が育てている馬なのか、祭が終わると甲冑姿のまま騎乗し自宅に向かう人が結構いた。そして久しぶりに路上の馬糞を踏まないように注意して駐車場まで歩く。




17.07.25暑気払い

7月25日の夕刻より大学のサークルOB会の暑気払いをするとのこと。大阪に出かける。その前に高校時代の親友O君と会う。彼との約束は12時に梅田のホテルのロビーだったので、少し時間があり曾根崎の『お初天神』に寄ってみる。

DSCN2467 (800x600)

DSCN2464 (800x600)

DSCN2468 (800x600)

DSCN2469 (800x600)

O君との食事で、話はもっぱら半世紀前の昔話や、共通の友人の病気や今後の終活などで盛り上がる。その後は天満宮に出かけ夕方まで天神祭りを見学。

もそも、天神祭りとは7月24日が大阪の天満宮夏祭りの宵宮だ。堂島川界隈の天満付近は『ジキジン、ジキジン、ジャンジャカジャン』『ドンドンドン、ドンドコドン』と速いテンポでおはやしが流れる。御堂筋などの目抜き通りをパレードしながら天満宮に戻って来る。大川や道頓堀川などの川面からもこれに応じてドンドコ船が鉦や太鼓を打ち鳴らす。天神祭りは全大阪の祭だ。
25日は本宮である。激しい催し太鼓の音を前触れに、昼の4時には陸渡御が始まる。祭神菅原道真の神霊を載せた御鳳輦以下の延べ2kmの長い行列が出発する梅田新道から天神橋にかけての氏地を巡行する。そして先頭を切る太鼓は暴れ船着き場に到着する。夕方6時には船渡御が始まる。川の真ん中に舞台船が浮かび神楽や舞楽などが奉納される。だんじり囃子船や催し太鼓船等100隻を超える船が天神橋北詰めから大川を差遡って都島大橋との3kmの間を往復する。かがり船と西岸の100基のかがり火が水面を明るく照らす。水と火の祭典のクライマックスだ。

DSCN2491 (600x800)

DSCN2474 (800x600)

DSCN2479 (800x600)

DSCN2481 (800x600)

DSCN2485 (800x600)

DSCN2489 (800x600)

DSCN2497 (800x600)

天下の三大祭りは東京の山王祭、京都の祇園祭、大阪の天神祭りだ。同じ関西でも祇園祭のお囃子は『コンコンチキチン、コンチキチン』でゆるく悠長で優雅でテンポが全く違う。天神祭りは『ジキジン、ジキジン、ドンドコドン』とせかせか早く激しく勇ましい。天神祭りはショーでもあるが、自ら参加して歓喜し乱舞して自己解放する。祇園祭はショーに徹している。江戸の日枝神社の山王祭と神田祭は天下祭と称して、権威をひけらかす。神輿を先頭に山車の長い行列が江戸城内に練り込み、将軍の御目にかけるのを誇りにした。権力好みである。歴代の将軍は両社を深くあがめた。将軍は氏子でもあった。幕府は江戸の権威を高めるため、祇園祭などの上方の伝統的神事に対抗して祭の豪勢さを奨励した、お上御用の祭であった。これに対し祇園祭は京都町衆の祭で、天神祭りは大阪町人の祭りである。お上のかかわり方は祇園の八坂神社は旧官幣大社であったが、天満宮は国家につながる官幣大社にはならず社格の低い府社であった。

昔、船場で天神祭りは、暮れなずむと人々は夕涼みを兼て出かける。『暑気払い』でもある。家業を休む。家々では、ハモの照り焼きやキュウリもみ、それに冷やしそうめんを食べる。ちょうど商売は夏枯れでもあり、大阪の街全体のバカンスでもあったのだろう。

夜は大学のサークルOB会に参加。15人ほど集まったが、ほとんど前期高齢者。昔の面影のある人は分かるが、最後まで誰なのか分からない人もいた。
 
DSCN2500 (800x600)

このような集まりは今後、何度参加できるかわからないが、長く参加したいものだ。







17.07.22光明寺観蓮会

22日、23日は材木座の光明寺で観蓮会が開催されるというので早朝に出かけてみる。
DSCN2420 (800x600)

道中、常盤の八雲神社は夏祭り中だが、早朝のため人の気配はない。
DSCN2411 (800x600)

DSCN2412 (800x600)

常盤から長谷に抜ける大仏トンネルは排ガスで汚れた壁面のタイルに布か何かでこすった落書きがあった。ペンキではないので拭けば綺麗になる。この程度の落書きなら許せるか。
DSCN2413 (800x600)

DSCN2414 (800x600)

光明寺のある材木座付近の寺は総じて小刹だが、光明寺は大きな敷地に立派な建物をもつ浄土宗の関東本山である。総門をくぐると巨大な三門が見える。その先は大殿である。

総門の向こうには三門が
DSCN2415 (800x600)

鎌倉の寺院では最大の三門(高さ約20m)
DSCN2418 (800x600)

山門をくぐると広々とした境内の正面には大殿(本堂、国の重文)がある。元禄11年(1698)建立。鎌倉で現存する木造の古建築物では最大である。

大殿は風格がある
DSCN2419 (800x600)

大殿から三門を見る
DSCN2422 (800x600)

いよいよ蓮の花だが、大殿に向かって左側に『記主庭園』があり、その庭園に蓮池がある。
DSCN2430 (800x600)

花はピンク色が多い
DSCN2427 (800x600)

DSCN2428 (800x600)

DSCN2429 (800x600)

蕾に「シオカラトンボ」が止まっている
DSCN2436 (800x600)

23日には、蓮の花咲く記主庭園で演奏会や朗読会を楽しむイベント「浄土蓮想」が催され、夕暮れ頃には参道の提灯に明かりが灯されて「献燈会法要」が執り行われるそうだ。また「象鼻杯」という、蓮の葉から酒や茶を注ぎ、茎の切り口から飲むというイベントも。

境内には『延命地蔵』と『網引地蔵』が祀られている。延命地蔵はいろんなお寺にあるが、網引地蔵は鎌倉屈指の石仏で、漁師の網に懸かり海から引き上げられたとの伝承から網引地蔵と呼ばれているそうだ。
DSCN2442 (800x600)

網引地蔵前には『地平はるかに』という石碑がある。これは大連高等商業学校の星が浦会の慰霊碑だ。大連という文字を見るとすぐに反応してしまう。
DSCN2438 (600x800)

境内の裏にある天照山に登ってみるが、今の季節は水蒸気が多く富士山は見えず、木立の間からは相模湾が見えるだけ。 
DSCN2439 (800x600)

天気が良ければ富士山が見えるはずだが
DSCN2440 (800x600)

光明寺を出るとすぐ材木座海岸に出る。ここからは逗子マリーナがすぐそばだ。

材木座海岸は早朝のため海水浴客が少ない
DSCN2446 (800x600)

奥に見えるのは逗子マリーナ
DSCN2449 (800x600)

梅雨明け後の今頃が一年で一番暑い季節だ。日本各地で花火大会や夏まつりが開催されるのも暑さを吹き飛ばそうという気持ちの表れか。

17.07.15今年の『土用の丑』は

  今年の丑の日は7月25日(火)と8月6日(日)の2回ある。因みに、7月25日の1回目を『一の丑』、2回目の8月6日を『二の丑』というそうだ。1年で一番暑い日といわれるこの日、夏を乗り切るために栄養価の高いウナギを食べるのが昔からの習慣だ。

  丑の日で思い出したが、韓国は同じ頃にウナギの代わりに犬肉を食べて夏を乗り切るという。特に「補身湯(ポシンタン)」と呼ばれる犬肉スープを食べるのが一般的だ。
 
  10年ほど前に、中国東北部の朝鮮族が多く住む地域を旅行した際に、市場や露店で普通に犬肉が売られているのを見て驚いた。養狗(養殖の犬)といわれる犬で大きさや形が一定して、皮をはいだ状態で販売されていた。日本人にはチョットショックな感じであった。 何が正しいか正しくないかではなく『文化』の違いだ。

市場での中ではこのような状態で販売されている
吉林省旅行 283 (800x536)

露店でもこのような状態だ
吉林省旅行 004 (800x536)
プロフィール

Whitedevil

Author:Whitedevil
FC2ブログへようこそ!
2011年秋に完全リタイアー。現在は毎日が日曜日の素浪人。そして地球の何処かを徘徊中。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる