20.08.06-07高野山紀行

 高校時代の友人数名ともう一度、高野山に行こうと以前から話をしていたが、やっと実現した。高野山は60年ほど前に林間学校で行ったきりであった。同行の友人たちは何度も出かけており、この3年間は毎年出かけている人も。彼はチョット頼りない感じだが先達にピッタリと思った。

DSC00425 (800x600)

 世間ではコロナウイルスの第2波が進行中で出かけるのはと少々憚られたが、政府が『Go Toキャンペーン』を奨励していることもあり、大手を振って出かける。先ず、羽田空港より、伊丹空港まで、そして大阪ナンバの南海電車を目指す。

9時丁度発のANA便は1/3程度の乗客  
DSC00406 (800x600)

上空より富士山を臨む
DSC00408 (800x600)

 ミナミの難波駅には順調に到着し、待ち合わせまで1時間ほど余裕があった。折角なので10分ほどの所にある法善寺横丁を訪れる。ここは織田作之助の小説『夫婦善哉』の舞台になったところ。船場の商家を感動された維康柳吉(森繁久彌)と芸者の蝶子(淡島千景)の物語である。映画ではラストシーで雪の降る法善寺横丁を相合傘で柳吉が蝶子向かって『おばはん、頼りにしてまっせ』という。このセリフ、好きだとかなんだとか言わず、最高の愛の表現かもしれない。大阪人の男ならわかるはずだ。

法善寺横丁入口 
DSC00411 (800x600)

有名な水掛不動
DSC00414 (800x600)

 難波駅で友人たちと合流し、1時発の『高野号』に乗車。列車はコロナの影響でほとんど乗客はいなかった。

難波駅プラットフォーム
DSC00410 (800x600)

指定乗車券(難波⇒高野山口⇒ケーブルカー高野山駅迄)
DSC00421 (800x600)

DSC00419 (800x600)

DSC00422 (800x600)

 ケーブルカーを下車し、更にバスに乗車し千住院橋で下車。宿坊の『別格本山西禅院』は歩いて10分足らずなので、宿坊に直行せず金剛峰寺を見学。
 金剛峰寺は豊臣秀吉が亡母の菩提のため建立。さすがに時の権力者が建てたもの、鎌倉の寺と比べると・・・・・ 現在の金剛峰寺は一つの独立した形を成し座主の住寺であるが、高野山全体を総括している。そして真言宗の総本山として一切の宗務を司り、宗務所は全国(含海外)の末寺四千ヶ寺の行政を統ベ、一千万大師信徒の信仰の中心でもある。

金剛峰寺参道
DSC00423 (800x600)

金堂(総本堂) 屋根の上には防火用水樽がある。どのようなカラクリで水が流れるのか?
DSC00425 (800x600)

各室内はさすがに立派
DSC00427 (800x600)

DSC00428 (800x600)

DSC00429 (800x600)

DSC00426 (800x600)

蟠龍庭  
DSC00433 (800x600)

龍は四国産の青い花崗岩、雲龍は京都の白い砂
DSC00431 (800x600)

DSC00434 (800x600)

大塔  
DSC00446 (800x600)

DSC00448 (800x600)

壇上伽藍
DSC00447 (800x600)

御影堂
DSC00442 (800x600)

DSC00450 (800x600)

 金剛峰寺の見学を終え、宿泊先の西禅院に向かう。当初は林間学校生を受け入れる宿坊程度に考えていたが、これなら立派な日本旅館で通用する。修行僧が作務衣で食膳を運ぶ姿が仲居さんと違うだけだ。食事も三の膳までついており云うことなし。

西禅院の山門 
DSC00439 (800x600)

お寺と思えない表札
DSC00441 (800x600)

 翌日は6時前に寺の周辺を散歩。清逸でまさに心が洗われる気がする。6時半から本堂で勤行があり参加する。3人の僧侶がシンバルのような楽器や鉦を鳴らしながら読経するのを聞いていると、さながらギリシャ正教の修道士の賛美歌を聞いているような感じがした。
  9時前に高野山在住の同窓生が訪れてくれる。彼は今も現役で高野山高校の校長を務めていると思っていたが、流石に2年前に退職したそうだ。高野山の話を聞きながら、他の門前町と比べると非常に静かでけばけばしい感じがしない(同行の友人がネットでスナックを検索するがヒットしなかった)との感想を述べると、高野山の盆地のほとんどが金剛峰寺の所有地であり、宗教都市で勝手な営業ができないという。彼の住宅も土地は金剛峰寺のもので地代を払っているらしい。唯一、地代を払っていないのは土産物店の『数珠屋四郎兵衛』のみ。明治初期の廃仏毀釈で成りゆかなくなった高野山の寺にかの店が多額の資金を用立てた功績により、地代は永代免除とのこと。
  彼に宿坊近くの『高野山霊宝館』に案内してもらう。末寺の仏像などが散逸を防ぐために集めた仏像や曼荼羅図などが展示されている。彼の案内がなければ素通りしてしまいそうなお宝も多くあった。残寝ながら館内全て写真撮影はNG。
  高野山霊宝館見学後は奥の院に向かう。この参道沿いには約20万基の大名をはじめ個人や法人の墓がある。功成り名を遂げた人達の最後の自己主張かもしれない。中には会社の社員を祀るものもある。社員にとっては甚だ迷惑な代物かもしれない。死んでまで、会社に管理される社畜の様な気がする。

様々な墓がある
DSC00460 (600x800)

DSC00452 (600x800)

DSC00455 (800x600)

DSC00453 (800x600)

高野山奥の院参道 高野槙に覆われている
DSC00456 (800x600)

DSC00459 (800x600)

 宿坊で枕投げはさすがにしないが、青春時代を思い出す久しぶりの同窓生との旅行。お互い年を取ったと実感。この歳になると友達は一生モノの宝物と実感した。









20.08.03江の島『天女と五頭龍』

続きを読む»

20.06.09感染症を読む

 コロナウイルスが、流行し始めたころ、日本でカミュの『ペスト』がベストセラーになった。この本はカミュの不条理を描いた文学であり、様々な暗喩があり難解な読み物だった。

DSC00285 (2) (800x600)

  リチャード・ブレストンの『ホット・ゾーン』はノンフィクションのスタイルで登場人物は実名であり非常に臨場感がある。1989年に起きたバージニア州レストンでのサルのエボラ・ウイルス感染事件でCDC(疾病対策センター)とユーサムリッド(アメリカ陸軍伝染病医学研究所)との指導権争いなど興味深い。エボラ・ウイルスに感染者の症状は体の穴という穴から鮮血が漏れ出し、内臓は融け始める。死の前には脳が侵され精神に異常をきたす。今まで読んだ本の中で最高に恐怖を感じた本の1冊である。

DSC00280 (2) (800x600)

  2019年のCOVIT-19は中国の武漢から感染し始めた呼吸器感染症。これまで人類が経験したことがない新しいタイプのコロナウイルスが原因の感染症。当初は人から人への感染は、ほとんどないとされていたが、実際はどんどん人から人への感染が広がった。そして世界中にパンデミックの状態となった。新型コロナウイルス感染者の致死率はエボラ・ウイルスのそれよりもずっと低い。そこがこのウイルスの怖いところで、重症化しないが、感染が広がりやすい。アフリカからほとんど外に出ないエボラ・ウイルスと違いドンドン感染してゆく。そして2割程度の感染者は重症化し、彼らの約半数は死亡する。

DSC00283 (800x600)




20.05.11 聶耳記念広場

 外出自粛で散歩に出かけるのも大変だ。久し振りに鵠沼海岸に出かける。引地川の河口付近に『聶耳(二エアル)記念広場』がある。聶耳は日本人にはあまりなじみがないが、中国の国歌『義勇軍行進曲』の作曲者だ。義勇軍行進曲は中国映画「風雲児女」の主題歌であった。1935年に詩人の田漢が作詞し、聶耳が作曲したものである。この曲を聞いていると抗日戦争の曲だからフランスのラ・マルセイエーズの様な雰囲気がする。
  そもそも、聶耳は雲南省昆明市で1912年2月14日生まれ、1935年7月17日にこの鵠沼海岸で溺死した。23歳の短い生涯だった。

DSC00225 (2) (800x600)

DSC00226 (800x600)

DSC00228 (800x600)

DSC00231 (800x600)

DSC00227 (800x600)

DSC00232 (800x600)

DSC00233 (2) (800x600)

江の島を望む引地川の河口。
DSC00235 (2) (800x600)

20.03.07-13 マグリブ紀行・アルジェリア編

20.03.07-03.13 マグリブ紀行・アルジェリア編

アルジェリア ジぇミラ遺跡
DSC_9186 (800x533)

【アルジェリア】は東にチュニジア、リビアと、南東にニジェールと、南西にマリ、モーリタニア、更に西にモロッコ、サハラ・アラブ民主共和国と国境を接し、北は地中海に面する。地中海を隔てて北に旧宗主国のフランスが存在する。
面積:238万㎢(日本の約6.3倍) 人口:3780万人 首都:アルジェ
外務省の海外安全情報では今回の中東地域で米・イラン対立における緊張の高まりに関する注意喚起(その2)が出ている。また、2013年1月に日本人10名(8か国計38名)が殺害された日揮事件は記憶に新しい。
アルジェリアは産油国として11番目であり、石油が国家の収入に占める割合は98%とか。


3月7日
 朝9時30分の便でチュニス・カルタゴ空港から空路アルジェリアのアルジェへ飛ぶ。アルジェには11時頃に到着。イミグレーションで入国カードを提出するが、更に別室で旅行の目的や日程表、更に宿泊するホテルのリストも提出を求められる。ガイドブックにもその様なことは載っていない。多分、コロナウイルスの関係で何かあった際にトレースできるようにということか。それとも日揮事件のようなことが起こらないように未然にチェックするのか不明。
  夕方、国内線でコンスタンティーヌへ移動する予定だが、それまで5時間程度余裕があり、市内に出かけてみる。空港からは早速、ツーリストポリスが先導してくれた。

 先ずは市内で『焼き鳥』ではないが、『焼き羊』で腹ごしらえ。羊の頭を焼いていたり脳みそやペニスがあったり、ワイルドな昼食だった。

羊の首から上を丸焼き
DSC_9003 (800x533)

羊肉に交じり脳みそも
DSC_9008 (800x533)

 腹ごしらえの後ほは定番の観光スポットであると『アルジェリア独立記念塔』を見学。この記念塔は1962年7月5日に独立し、20年後に建設されたものだ。高台にあるため、市内を一望できる。当日は土曜日であり大勢の家族連れの市民でにぎわっていた。余談だが、アルジェリアの休日は金曜日と土曜日である。チュニジアは西欧と同じ土日となっていた。

独立塔 
DSC_9029 (800x533)

DSC_9021 (800x533)

DSC_9024 (800x533)

独立塔のある丘から市内をのぞむ
DSC_9011 (800x533)

DSC_9017 (800x533)

市内の庶民の住宅
DSC_9020 (800x533)

DSC_9025 (800x533)

若い人は意外と外国人にフレンドリーDSC_9041 (2) (800x533)

 空港に向かう途中に『ノートルダム・アフリク大聖堂』(アフリカの聖母マリア教会)に立ち寄る。ここはローマ・カトリックの『アフリカの聖母マリア』を指す。聖母マリア像も銅製で黒く光って黒人の様に見えた。また、神父さんも黒人であった。アルジェリアがフランスの植民地であった、1858年から1872年にかけ、ネオビザンチン建築様式で建てられている。ここもキリスト教信者だけでなくイスラム教徒も見学していた。聖アウグスティン礼拝堂のフレスコ画には『ノートルダム、アフリックキリスト教徒、イスラム教徒に幸あれ』と記されていた。アルジェリアはイスラム教徒が99%、キリスト教徒が1パーセントといわれている。教会のテラスから下にユダヤ人墓地とクリスチャン墓地があった。

DSC_9040 (800x533)

DSC_9031 (533x800)

DSC_9043 (800x533)

DSC_9045 (800x533)

 夕刻、アルジェリア機に乗り継ぎコンスタンティーヌヘ。驚いたことに国内線は指定されたシートでなく、全てが自由席であった。



3月8日
 深い渓谷の上、標高626m地点に位置するコンスタンティーヌは、アルジェリア第三の町で別名「橋の町」と呼ばれている。ローマ皇帝コンスタンティヌスから名前がついている通り、その歴史はローマ時代まで遡る。ローマ時代からオスマントルコ時代、さらにフランス植民地時代。フランス植民地時代に架けられた数々の橋は、この町の名物にもなっている。他にも町にはフランスの香りを色濃く残す街並みやオスマントルコ時代のモスク、さらに現代建築が混じり合ってうまく調和が取れている。

 朝食後、渓谷の町コンスタンティーヌを観光。断崖絶壁の渓谷に掛けられた『シディ・ムシド橋』に出かける。切り立った崖に大きな橋がかかり断崖の上にまで家が建ち並んでいる不思議な町だ。観光中は残念ながら雨に降られた。

シディ・ムシド橋は自殺の名所と言われている
DSC_9049 (800x533)

DSC_9058 (800x533)

DSC_9063 (800x533)
 
DSC_9068 (800x533)

DSC_9073 (800x533)

 シディ・ムシドの展望台には凱旋門がある。この凱旋門は第一次世界大戦の戦死者を慰霊する目的で建てられたものだ。展望台からの眺めは素晴らしい。

DSC_9051 (2) (800x533)

DSC_9066 (533x800)

DSC_9053 (800x533)

DSC_9081 (800x533)

DSC_9083 (800x533)

DSC_9082 (800x533)

DSC_9087 (800x533)

DSC_9089 (800x533)


 コンスタンチーヌの観光後、セティフに向かう。途中、美しい丘陵地帯に広がる『ジュミラ遺跡』を観光。ジェミラは、アルジェリアの北東の海岸に近い山村である。村の名前はアラビア語で「美しいもの」を指す。それ以前のラテン語での名称はクイクルム (Cuiculum) だった。古代ローマ時代の遺跡が良好な保存状態で現存していることから、1982年にユネスコの世界遺産に登録されている。特に、山の地形に合わせてローマ建築が持ち込まれた点に特色があり、劇場、2つの集会場、寺院、バシリカ、アーチ、街路、住居群などが現存している。道中は昨夜に雪が降ったようで、周りの丘には冠雪が確認できた。アフリカの地中海沿岸ということで、少々侮っていたが、寒さには閉口した。

DSC_9101 (800x533)

DSC_9107 (800x533)

 ジュミラ遺跡に入場するためには、カラカラ帝の凱旋門を模した道路上の門をくぐり、その後に入場。
DSC_9111 (800x533)


博物館の入り口
DSC_9114 (800x533)

先ず、博物館に入場する。ここはローマ時代のモザイク画や彫刻が多く展示されている。
DSC_9120 (800x533)

DSC_9123 (800x533)

DSC_9125 (800x533)

カラカラ帝の肖像 
DSC_9117 (800x533)

カラカラの母の肖像
DSC_9118 (800x533)

 屋外は紀元1世紀から5世紀までのローマ時代と東ローマ時代の神殿や円形劇場、凱旋門、浴場、商店などが古い時代の物から新しい時代の物へ、丘の麓から年代を経るごとに上の方へと残されている。

セブテミゥス・セウェルス帝神殿  
DSC_9189 (800x533)

カラカラ帝凱旋門
DSC_9197 (800x533)

 チュニジアのドッガ遺跡にもあったが、石造りの公衆トイレは、水を流せば現在も使えそうなほど。
DSC_9176 (800x533)

売春宿の看板もあった。
DSC_9187 (800x533)

円形劇場
DSC_9149 (800x533)

DSC_9151 (800x533)

DSC_9161 (800x533)

円錐形の噴水址
DSC_9201 (800x533)

巨大な梨の木は花が満開
DSC_9166 (800x533)

DSC_9183 (800x533)

DSC_9199 (800x533)

 遺跡を後にセティフに向かう。アルジェリアに来て以来ホテルからツーリストポリスが、目的地まで先導してくれる。当然、警察の管轄地が変わるごとにツーリストポリスも変わる。どうも『日揮』の事件以来、欧米人と日本人の誘拐を未然に防ぐためらしい。おかげで渋滞の時は赤色灯と警告音で前を進む車を蹴散らし優先的に進む。とても快適だが、こんなこと許されるのかと思う。そして宿泊先のセティフに無事到着。

DSC_9206 (800x533)

DSC_9211 (800x533)





3月9日
 考古学博物館の開館が10時なので、セティフの街を探検する。先ず、ホテル近くの泉に出かける。ここはローマ時代から泉が湧き出て、今でも水を汲みに来る人がいる。そして近くにはトラムが走っており市民の足となっている。

DSC_9213 (800x533)

DSC_9215 (800x533)

ホテル近くのモスクに出かける。非ムスリムなので外から写真を撮るキリスト教会をイスラム教のモスクに転用しているようだ。
DSC_9218 (800x533)

DSC_9219 (800x533)

DSC_9220 (800x533)

 モスクの広場には、この地方特有のねずみ男の様な民俗衣装を着た老人がたむろし談笑していた。中々暖かそうな頭巾付き外套。
DSC_9231 (800x533)

DSC_9230 (2) (800x534)

モスク近くの市場では足元に牛の頭が転がっていた。非常にダイナミックな光景。市場は精肉、野菜、果物、魚などが売られていた。非常に安価な感じだ。中には初めて目にする野菜ものもある。

DSC_9233 (800x533)

DSC_9234 (800x533)

DSC_9237 (800x533)

DSC_9239 (800x533)

DSC_9240 (800x533)

DSC_9236 (800x533)

DSC_9241 (800x533)

『考古学博物館』を見学する。ここもローマ時代からのモザイク画が展示されている。千数百年を経て発掘されたものが多い。この辺りは工事中に遺跡が発掘されるケースが多いそうだ。改めてローマ帝国の強大さを感じる。

DSC_9246 (800x533)

DSC_9247 (800x533)

DSC_9256 (800x533)

DSC_9248 (800x533)

DSC_9249 (800x533)

DSC_9251 (800x533)

DSC_9257 (800x533)

DSC_9259 (800x533)

DSC_9260 (800x533)

  午後15時10分発のアルジェ航空で空路でアルジェに戻り、さらに18時35分発の同航空で空路ムザブの谷の町ガルダイアへ。セティフは1945年5月8日、フランス軍の支配に対してアルジェリア人がセティフ及び近隣のGuelmaとKherrataで蜂起し、104人のピエ・ノワール(欧州系移民)が死亡した。アルジェリア人の死者は推定で20,000人から40,000人に登るとされる。これはのちにセティフの虐殺と呼ばれる。そのため、セティフの空港は『1945年5月8日空港』と呼ばれているそうだ。アルジェリアの対仏独立戦争もあり、アルジェリア人のフランス人に対する感情は。フランス文化に対する憧憬と苛烈な植民地支配のため複雑だ。しいて言えば love & hate ということか。セティフへの航空機はボーイングであったが、コロナのためか乗客数は18名であった。

セティフの『1945年5月8日空港』
DSC_9265 (800x533)

飛行機の中はがらすき空き
DSC_9266 (800x533)


3月10日
 ムザブのあるガルダイアはアルジェリア中部に広がるムザブ地方だ。首都アルジェの南方600約キロに位置し、標高300メートルから800メートルの場所にある岩だらけの高原地帯。新石器時代以降、洞穴に暮らす人々がいたといわれている。それから長い歴史の中で、ムザブには25もの町が現れては消えていった。現在のムザブは5つのオアシス都市(ガルダイア、メリカ、エル・アティフ、ベニ・イスゲン、ブースーラ)の集合体に、後から2つの町が加わった合計7つの町の総称となっている。「ムザブの谷」という名称で5つの村が世界遺産に登録されている。

 ホテルからツーリストポリスに先導してもらい先ず、ムザブの丘から全体の光景を眺める。オアシスのある場所以外は砂漠である。川は水がなく干上がり、臨時の駐車場状態。

DSC_9268 (800x533)

DSC_9272 (800x533)

DSC_9269 (800x533)

DSC_9270 (800x533)

 シディ・アイサの墓は奇妙な曲線で、漆喰で白く塗られていた。彼は町が造られた時、人々を率いた指導者(イマーム)だ、高貴な人物なので立派な墓だ。ミニチュアのミナレット付き、外には一般の人々の墓、顔をメッカに向けて埋葬されている。建築家のル・コルビュジェはムザブにある墓から影響を受けたといわれている。

DSC_9274 (800x533)

DSC_9276 (800x533)

 ムザブの町は独特のイスラム文化を持っている。スンニ派やシーア派でもなく、別の宗派?といわれている。女性は白い衣装で既婚者は片目のみ頭巾から出している。未婚者は頭巾をかぶるが、両目を出している。女性の写真を撮ることはきつく禁じられている。従い写真は後姿をこっそり撮ることとなる。街は傾斜のある狭い路地が入り組み、見知らぬ男性と出会うと引き返すか、路地に逃げ込む。非常に奥ゆかしい。

DSC_9282 (800x533)

DSC_9333 (800x533)

DSC_9351 (800x533)

 村の中は勝手に入れず、村で決められたガイドが案内してくれる。勝手に路地に入ると地元の人とトラブルになる。また、ツーリストポリスが、少し離れたところから監視している。

DSC_9324 (800x533)

DSC_9327 (800x533)

DSC_9357 (800x533)

井戸にはロバが繋がれていた。村中はロバが重要な運搬手段。
DSC_9339 (800x533)

DSC_9338 (800x533)

観光客の服装や、写真撮影、ビデオ撮影の制限が表示されている。
DSC_9329 (800x533)

 ガルダイアの市場はマーケット広場にある。様々なものが販売されているが、土地柄か絨毯用の毛糸などあり、興味深い。肉屋で買物をするのは男性ばかりであった。また、水の汲み置き用のツボが売られていたが、よく見ると壺の外側は紐のようなので巻かれている。夏の暑いときは外側に水をかけ、気化熱で冷たくするそうだ。

市場の風景
DSC_9297 (800x533)

DSC_9300 (800x533)

絨毯用の毛糸をあつかう扱う
DSC_9298 (800x533)

肉屋に並ぶ男性  
DSC_9305 (800x533)

水用の壺
DSC_9301 (800x533)

 エル・アディフのシディ・ブラヒムの墓を見学する。こちらもシディ・アイサの墓と同じく、ル・コルビュジェが影響を受けたと言われている。
DSC_9274 (800x533)

DSC_9276 (800x533)

DSC_9421 (800x533)

DSC_9425 (800x533)

DSC_9426 (800x533)

 ムザブ族の聖都ベニ・イスゲンの町を散策する。ベニ・イスゲン。5つの町の中でも最も戒律が厳しく、聖なる町とも呼ばれている。夜間に外国人が入ることが許されたのは近年になってからだそう。土壁の家が建ち並ぶベニ・イスゲンの街並みは、世界遺産のムザブの谷を象徴するような美しい景観。蚊避けのために屋上が青く塗られた家々も特徴的だ。

DSC_9368 (800x533)

DSC_9348 (800x533)

DSC_9359 (800x533)

DSC_9356 (800x533)

DSC_9433 (800x533)

DSC_9455 (800x533)

DSC_9446 (800x533)

ベニ・イスゲンのガイド75歳。非常に元気でお茶目
DSC_9370 (800x533)

DSC_9436 (533x800)

DSC_9441 (800x533)

街の広場ではオークション市が開催されていた。オークションというよりガラクタ市。
DSC_9474 (800x533)

DSC_9475 (800x533)

 アルジェリアでもコロナウイルスは大きな話題のようで、東洋人を見れば『コロナ!コロナ!』と小学生の悪ガキどもがはやし立てる。写真を撮ろうとすると一目散で逃げてゆく。苦笑せざるを得ない。60数年前の自分を見るようだ。

DSC_9472 (800x533)

DSC_9384 (800x533)

DSC_9392 (800x533)

DSC_9394 (800x533)



3月11日
 朝の8時15分アルジェ行のフライトなので、早朝ホテルを発つ。昨日訪れたベニ・イスゲンの街を通過する。昼間と違い各家々が夜明けの祈りのために起き出した感じだ。

DSC_9478 (800x533)

DSC_9481 (800x533)

ツーリストポリスの車は4駆 
DSC_9483 (3) (800x533)

アルジェ行きは珍しくon time で出発
DSC_9485 (800x533)

空港ではコロナウイルスに対する注意喚起
DSC_9486 (2) (800x533)

アルジェでは別のツーリストポリスが先導
DSC_9494 (800x533)

 アルジェに着いて、先ず、『マウレタニア王家の墓』を目指す。途中、アルジェの町の発展を象徴するような、モスクの建設やイスラム大学を車窓から眺める。

モスクを建設中 
DSC_9489 (800x533)

イスラム大学
DSC_9490 (800x533)

 『マウレタニア王家の墓』は地中海に沿ったアルジェ近郊にある。プトレマイオス王朝のクレオパトラの娘(ユパⅡ世の妃)のものといわれているが、年代がそれ以前なので事実ではない。しかし、未だに真実は不明らしい。日本人にとってはあまり馴染みの歴史だ。扉は東西南北に4か所あるが、全て扉ではない。実際の扉は地下入口のようだ。しかし何回も盗掘され歴史を証明するものは残っていない。ここはティパサと共に世界遺産だ。

DSC_9495 (800x533)

DSC_9496 (800x533)

地下への入り口
DSC_9499 (800x533)

入り口から”の”の字のように進む
DSC_9500 (800x533)
 
マウレタニア王家の墓から30分ほど車で移動し、ティパサの遺跡を訪れる。ここには、ローマ時代の『バシリカ神殿跡』、カルタゴ時代の『ネクロポリス』、『円形闘技場』がある。全て世界遺産だ。地中海をバックにした遺跡群の規模はそれほどではないが、地中海が眺められ素晴らしい。平日にもかかわらずアルジェから多くのカップルが見学に来ていた。また、フランスの作家アルベール・カミュがこの遺跡を愛したといわれている。

DSC_9515 (800x533)

DSC_9517 (800x533)

DSC_9518 (800x533)

DSC_9520 (800x533)

DSC_9521 (800x533)

DSC_9525 (800x533)

DSC_9547 (800x533)

ここでは魚醤を発酵させる工場があったという.なぜそんな昔のことが魚醤と判ったのか?瓶の底の沈殿物をクロマトグラフィーなどで現代の手法を駆使し分析した結果らしい。現在大豆の醤油こそ世界的に普及しているが,魚醤はまだそれほどでもないと思う、これから広まるかも知れない、期待したい。

DSC_9538 (800x533)

DSC_9539 (533x800)

 丘に上り富裕層エリアを眺めた.確かに地中海を望む斜面に展開され,現代でも高級住宅地であろう.
DSC_9531 (800x533)

DSC_9542 (800x533)

DSC_9548 (800x533)

井戸の跡
DSC_9550 (800x533)

遺跡の市境を示す市壁
DSC_9558 (800x533)

 遺跡のはずれにアルジェリア出身のフランス人作家のアルベール・カミュの記念碑がある。カミュの友人たちが死後2年後に建てたもの。カミュはこの地を愛し,幾度となく訪れた、また、新婚旅行でも訪れている。そして若くして1957年にノーベル文学賞を受賞し,1960年にこの世を去った。享年46歳。記念碑には『結婚』の一文『ここには限りない愛と正義と栄光がある』と刻まれている。
 帰国後、コロナウイルス騒動で思い出し、カミュの『ペスト』を書籍店で探したが、品切れになっていた。同じことを考える人が多いのか、全国の書店で在庫切れらしい。

DSC_9557 (2) (533x800)

DSC_9555 (800x533)

 遺跡の市境を示す市壁の後ろは墓地になっている。さぞ高貴な人か裕福な人の墓だったと思われる。
DSC_9551 (800x533)

DSC_9552 (800x533)

 遺跡かの出口から駐車場に行くまで間口の小さな商店があった。販売しているものは外から見えにくい。何を売っているのかを覗くと酒類の販売だ。イスラムの国なのでおおっぴらにはいかない。買った人は黒いビニール袋で中身は見えなかった。
DSC_9570 (800x533)

DSC_9569 (800x533)



3月12~13日
 アルジェでは映画『望郷』の舞台となった旧市街を見学。旧市街のカスバといえば、映画『カスバの女』や『望郷』が思い浮かぶ。ジャン・ギャバンのペペ・ル・モコのシーンは何処かとガイドに尋ねると、全てフランスのセットで撮影したとそっけない回答。『アルジェの戦い』はこのカスバで撮影されたと言っていた。
120mの丘の起伏に富んだ地形に作られた町は、まるで巨大な迷路に迷い込んだような感覚に陥る。目の前に突如開ける地中海、どこを見ても絵になる風景だ。そういえば、青江三奈の歌で、♪ここは地の果てアルジェリア~どぉーせカスバの夜に咲く~♪ と言うなんとなく投げやりでアナーキーな歌を思い出す。

DSC_9572 (800x533)

DSC_9574 (800x533)

DSC_9576 (800x533)

DSC_9583 (800x533)

DSC_9585 (800x533)

DSC_9586 (800x533)

ユダヤ人の人家
DSC_9589 (800x533)

イスラム系の人家
DSC_9590 (800x533)

カスバのごみ収集はロバの役目
DSC_9591 (800x533)

カスバの猫は人懐こい
DSC_9602 (800x533)

カスバの中のモスク   
DSC_9597 (2) (533x800)

DSC_9598 (533x800)

水飲み場
DSC_9604 (533x800)

DSC_9605 (800x533)

DSC_9607 (533x800)

DSC_9609 (800x533)

DSC_9614 (800x533)

DSC_9615 (800x533)

DSC_9622 (800x533)

DSC_9624 (800x533)

DSC_9626 (2) (533x800)

DSC_9627 (800x533)

DSC_9629 (533x800)

DSC_9631 (800x533)

DSC_9630 (800x533)

DSC_9633 (800x533)

DSC_9640 (800x533)

DSC_9641 (533x800)

DSC_9644 (800x533)

フランスのマルセーユ行きのフェリー
DSC_9642 (800x533)


 アルジェリアはチュニジアと比べ少し暗い感じがする。国は石油で潤っているのでいいが、国民は貧しそうな様子だ。富の配分がうまくいっていない感じだ。ジャスミン革命でチュニジアは民主化がアフリカ諸国で一番進んでいるようだが、アルジェリアはツーリストポリスの行動(こっそり監視)等かなり制限を感じる。そんなことを感じながら今回の旅を終える。

 12日の午後、空路中東のドバイ乗り継ぎ、帰国の途に
アルジェpm15:20⇒ドバイam0:50   ドバイam2:55⇒成田pm17:20

 旅行中にコロナウイルスが改善しているかと期待したが、大きな間違いだった。それにしても成田の検疫はチョット緩すぎる感じがした。『健康カード』の様なもので入国前の滞在先や入国後の滞在先などの記載の義務もない。こんなことではトレースのしようがない。大いに心配だ。



プロフィール

Whitedevil

Author:Whitedevil
FC2ブログへようこそ!
2011年秋に完全リタイアー。現在は毎日が日曜日の素浪人。そして地球の何処かを徘徊中。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる